砂漠の飛蝗賊(デザート・ローカスト)/Desert Locusts》

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星6/地属性/昆虫族/攻1500/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動する。
ターンプレイヤーは自身の手札を1枚選んで捨てる。
(2):相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

 WORLD PREMIERE PACK 2020で登場した地属性昆虫族シンクロモンスターチューナー
 シンクロ召喚に成功した場合にターンプレイヤーハンデスする誘発効果相手メインフェイズシンクロ召喚を行う誘発即時効果を持つ。

 (1)はターンプレイヤーハンデスを課す効果
 シンクロ召喚に成功した場合に強制的に発動するため、自分ターンシンクロ召喚するとデメリット付きのシンクロチューナーでしかないため、なるべく相手ターンシンクロ召喚したい。
 相手ターンシンクロ召喚する手段として最も便利なのは、《水晶機巧−ハリファイバー》だろう。
 この効果強制効果であるため、チェーン2以降で特殊召喚された場合も問題なく発動する。
 シンクロ素材縛りのない汎用レベルシンクロモンスターであるため、多少消費は増えるが他のシンクロチューナーを経由するのもよい。
 たとえば《フォーミュラ・シンクロン》を経由すれば自分は1枚ドローしつつ、1枚のハンデスを行うことができる。

 捨てるカードターンプレイヤーが選べる。
 一応これを利用して未界域暗黒界など捨てることがコンボになるデッキなら、自分ターン発動するメリットが全くないわけではない。
 逆に言えば、相手捨てても痛くないカードや、墓地に送ることでメリットとなるカードを任意に選んで捨てられるため、ハンデスに成功してもそこまでの有効打となることは少ないだろう。
 デッキ手札状況によっては相手メリットになる可能性もあるため、シンクロ召喚のタイミングには注意したい。

 (2)は《フォーミュラ・シンクロン》等と同様に、相手ターンシンクロ召喚できる効果
 レベルシンクロチューナーとしては、唯一この効果を持つ。
 上述の通り、相手ターンシンクロ召喚することが基本になるため、そのまま連続シンクロ召喚を行いたい。
 《PSYフレームロード・Ω》シンクロ召喚すればさらにハンデスすることができる。

 唯一の昆虫族レベルシンクロチューナーであり、【B・F】では《B・F−降魔弓のハマ》に繋げるための《B・F−霊弓のアズサ》以外のシンクロチューナーの選択肢として採用が検討できる。
 レベル6のシンクロチューナーには扱いやすい《瑚之龍》が存在するが、B・Fにはエクストラデッキから昆虫族以外を特殊召喚できなくなる制約を持つカードが多いため、差別化は容易だろう。
 状況次第では無理に相手ターンでのシンクロ召喚を狙わず、デメリットを覚悟で連続シンクロ召喚に繋げてしまいたい。
 この場合、《ゴキポール》捨てる事でディスアドバンテージを軽減したり、墓地へ送ったモンスター《B・F−早撃ちのアルバレスト》蘇生したり、《デビルドーザー》コストにするなどといった使い方もできる。

  • このカードのモチーフは、実在する昆虫「サバクトビバッタ」だろう。
    時折大量発生しては虫害で農作物に甚大な被害を与える事で知られており、バッタによる災害を「蝗害(こうがい)」とも呼ぶ。
    • 英語のLocust/ローカストは「イナゴ」「バッタ」を指す。

関連カード

収録パック等


Tag: 《砂漠の飛蝗賊》 シンクロモンスター チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星6 地属性 昆虫族 攻1500 守2400

広告