死眼(しがん)伝霊(でんれい)−プシュコポンポス》

チューナー・効果モンスター
星2/地属性/アンデット族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手の墓地の以下のカードの内、枚数が多い方の効果を適用する。
●モンスターカード:このカードを除外し、相手は自身の墓地からモンスター1体を選んで除外する。
●魔法・罠カード:このカードを墓地へ送り、相手は自身のフィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る。
(2):このカードが除外された場合、次のターンのエンドフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

 DAWN OF MAJESTYで登場した地属性アンデット族下級モンスターチューナー
 特殊召喚に成功した場合に相手墓地カードの種類を参照し、枚数の多い方によって異なる効果適用する誘発効果強制効果)、自身が除外された次のターンエンドフェイズ帰還できる誘発効果を持つ。

 (1)は相手墓地カードの種類の枚数によって効果が異なる。
 特殊召喚トリガーだが、自身の(2)に加え、恵まれた種族ステータスチューナーなので展開手段は豊富。

 モンスターカードが多い場合は自身と相手墓地モンスター除外
 自身は(2)により帰還できるため、タイムラグはあるが実質的には墓地アドバンテージ1枚分の得となる。
 ただし、除外するモンスター相手が選ぶため、効果的に機能するかは状況に左右される。

 魔法・罠カードが多い場合は自身と相手フィールドモンスター墓地送り
 こちらは(2)に繋がらないので使い捨てとなるが、代わりにモンスター除去が行えるので上記に比べると効果的に機能する状況は多い。
 相手モンスターが1体だけの状況で発動できれば相手が選択する点も関係ない。

 (2)は除外された次のターンエンドフェイズ帰還効果
 除外手段は問われないので、(1)の1つ目の効果以外でも、《封印の黄金櫃》等を利用できる。

 難点としては(1)の強制効果フィールドを離れるため、チューナーでありながらシンクロ素材として向いていないところだろう。
 1ターンに1度の制限があるので同一ターンに2回以上の特殊召喚を行えれば問題ないが、それならば《ゾンビキャリア》のようにシンクロ素材に向いたモンスターを用いた方がよい。
 シンクロ素材としてよりも効果を目当てに相手フィールド墓地のリソースを削ることを活用していきたい。

  • カード名にある「伝霊」は、部下に命令を下すことを意味する「伝令」の捩りだと考えられる。
    「プシュコポンポス」はギリシャ神話の冥界神としてのヘルメスの別名であり、冥府へ死者の魂を誘う「霊魂の導者」を意味する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《死眼の伝霊−プシュコポンポス》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星2 地属性 アンデット族 攻0 守0

広告