(うしな)われた聖域(せいいき)

永続罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「天空の聖域」またはそのカード名が記された魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
(2):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「天空の聖域」として扱う。
(3):自分の墓地から天使族モンスター1体を除外し、
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

 ストラクチャーデッキR−ロスト・サンクチュアリ−で登場した永続罠
 発動時に《天空の聖域》またはそのサポート魔法・罠カードデッキからセットする効果フィールド墓地カード名《天空の聖域》として扱う効果天使族墓地コスト相手フィールドモンスター効果無効化する効果を持つ。

 (1)は《天空の聖域》またはそのカード名が記された魔法・罠カードデッキからセットする効果
 魔法・罠カードに限定されているものの、《天空の聖水》を経由すれば《天空の聖域》サポートモンスターサーチも可能。
 直接フィールドセットするため《灰流うらら》等にも妨害を受けないが、魔法・罠除去には注意。
 セットのため速攻魔法はそのターン中は発動できないが、現時点で対応する速攻魔法は存在しないためその影響は無い。

 《天空の聖域》については、直接セット発動ではなく、《天空の聖水》セットしその効果発動することもできる。
 デッキ圧縮になる等の利点はあるが、あちらをモンスターサーチに温存することも考えられるため、状況に応じ判断したい。

 ただし、強制の処理であるため、セットできるカードデッキ内に存在しないと発動自体が行えない。
 (2)を適用したいがサーチ先を使いつくしてしまった、という状況は稀であるが、枚数配分には注意が必要となる。

 (2)はフィールド墓地カード名《天空の聖域》として扱う効果
 これにより(1)でサーチしたカード発動条件などを満たすことができる。

 (3)は相手モンスター効果無効化。
 墓地コストのみでフリーチェーンで行えるため、制圧・妨害カードとなる。
 ただ《天空の聖域》の関連カードにとっても墓地コストは重要になるため、それらとの兼ね合いは注意したい。
 また後述の通りカードの発動とこの効果を同じチェーンブロック発動することはできないため、相手モンスター効果発動チェーンして奇襲的に無効化ということはできない。

 (3)は【天使族】全体で使える汎用性の高さだが、上記の通りデッキ内に《天空の聖域》の関連カードがなければカードの発動自体ができない。
 《天空の歌声》【天使族】全体で使えるサルベージカードであるため、あちらと共に出張採用してみるのも良い。
 また、《神罰》サーチすればこのカードの(3)も含め固い制圧の構えとなるが、出張採用の場合《神罰》が先に手札に来るとあちらが腐るのが欠点と言える。

関連カード

イラスト効果関連

収録パック等

FAQ

(3)の効果について

Q:《失われた聖域》のカードの発動と同じチェーンブロックで(3)の効果の発動を行えますか?
A:《失われた聖域》の(3)の効果は、カードの発動と同じチェーンブロック上では発動できません。(21/08/07)


Tag: 《失われた聖域》 永続罠

広告