(のろ)われし(りゅう)−カース・オブ・ドラゴン/Curse of Dragon, the Cursed Dragon》

効果モンスター
星5/闇属性/ドラゴン族/攻2000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「竜騎士ガイア」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの「竜騎士ガイア」1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、
相手フィールドの全ての表側表示のモンスターの効果はターン終了時まで無効化される。

 RISE OF THE DUELISTで登場した闇属性ドラゴン族上級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合に《竜騎士ガイア》のサポートカードサーチする誘発効果墓地へ送られた場合に自分フィールド《竜騎士ガイア》以下の攻撃力を持つ相手モンスター効果無効化する誘発効果を持つ。

 暗黒騎士ガイア系列のサポートカードにはドラゴン族レベルモンスターをサポートするものがあるので、これを活用してフィールドに出していくのが基本となる。
 《走破するガイア》サーチでき、《砲撃のカタパルト・タートル》デッキから、《魔道騎士ガイア》手札墓地から特殊召喚する。
 また、《天翔の竜騎士ガイア》《竜魔道騎士ガイア》融合素材となる。

 (1)は《竜騎士ガイア》のサポートカードサーチ効果
 召喚特殊召喚の両方に対応し、自身は上級モンスターであるため、基本的には特殊召喚手段を用意しての運用となる。
 暗黒騎士ガイアモンスターが存在するなら《螺旋融合》サーチ融合召喚につなぐことが基本となり、このカード特殊召喚できる《魔道騎士ガイア》とは特に相性が良い。
 《竜騎士ガイア》として扱う融合モンスターが既にいる場合や、《螺旋融合》が存在する場合には、《螺旋槍殺》など《竜騎士ガイア》を補助するカードサーチするのもよい。

 この効果によって《螺旋融合》を狙う場合、似た役割として融合召喚を内蔵した《獄炎のカース・オブ・ドラゴン》が存在する。
 あちらはサーチを介さないため、一部のメタカードデメリットをすり抜けられる利点は存在する。
 とはいえ、《螺旋融合》の追加効果及びこのカードの(2)による大きな底上げの存在から、基本的にはこちらの優先度の方が高いだろう。

 (2)は《竜騎士ガイア》以下の相手フィールドモンスター効果無効にする効果
 タイミングを逃さない効果であるため《螺旋融合》融合素材にした場合や、コストなどで墓地へ送った場合にも発動できる。
 《螺旋融合》融合召喚した《竜騎士ガイア》なら攻撃力が2600上昇するため、攻撃力5200以下とほぼ全てのモンスター効果無効にできる。
 相手ターンフリーチェーンカードコストなどで墓地へ送り制圧札とすることもできる。

関連カード

―《呪われし竜−カース・オブ・ドラゴン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《呪われし竜−カース・オブ・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 ドラゴン族 攻2000 守1500

広告