粛星(しゅくせい)鋼機(こうき)/Steel Star Regulator》

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/機械族/攻1000
【リンクマーカー:左上/左下/右下】
リンクモンスター以外のモンスター3体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク素材としたモンスターの元々のレベル・ランクの合計×100アップする。
(2):このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ、
リンクモンスター以外の相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
このカードがXモンスターを素材としてリンク召喚していた場合、
さらに破壊したモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。

 WORLD PREMIERE PACK 2021で登場した光属性機械族リンクモンスター
 リンク素材にしたモンスターの元々のレベルランクに応じて自己強化する永続効果、自身の攻撃力以下のリンクモンスター以外のモンスター破壊し、エクシーズモンスターリンク素材とした場合、破壊したモンスター元々の攻撃力の半分の効果ダメージを与える起動効果を持つ。

 リンク素材リンクモンスター以外のモンスター3体であり、そのモンスターレベルランク)により(1)の自己強化値及びそれにより(2)の破壊範囲が決定する。
 そのため、できる限り高レベルランク)のモンスターリンク素材にしたいが、その場合リンク召喚自体が重くなりがちである。
 高レベルモンスターを素材に含むなら《混沌の戦士 カオス・ソルジャー》など別のモンスターを出す方が良い場合もある。
 無理に(1)の効果での強化を大きくすることを狙うよりは、他のカードの効果強化するほうが高攻撃力を得やすいだろう。

 また、エクシーズモンスターリンク素材にすることで、(2)の効果バーン効果が付与される。
 エクシーズモンスターリンク素材にすると更に消費がかさむため、特殊召喚効果を持つエクシーズモンスターなどを上手く活用し消費を軽減したい。
 例えば《聖刻龍王−アトゥムス》から《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》リクルートエクシーズ素材蘇生リンク素材にすれば、エクシーズモンスターリンク素材にしつつ2200の自己強化が可能。
 《No.99 希望皇ホープドラグナー》で高ランクNo.を出すことでも効率よく強化できるが、1ターン待つ必要がある。

 (1)は自己強化効果
 上述の通り自己強化を大きくしようとするとリンク召喚重くなる。
 倍率も低く、レベル4×3体程度では攻撃力2200と(2)の除去範囲に不安が残る。
 攻撃力3000以上を狙うなら合計は20以上必要であり、最上級モンスターが少なくとも2体は必要になる。

 (2)はこのカード攻撃力以下のリンクモンスター以外の相手モンスター破壊する効果
 破壊範囲が自身の攻撃力に依存するため、どうにか強化して相手の大型モンスター除去を狙いたい。
 耐性の類も持たないため、1ターンの使い切りとして《リミッター解除》強化するのも良い。

 さらにエクシーズモンスターリンク素材にした場合にはそのモンスター元々の攻撃力の半分のバーンがつく。
 除去後の攻撃制限などもないため、除去バーンからの攻撃により相手ライフを大きく削れるだろう。
 あるいは、素材で攻撃を行った後にメインフェイズ2で残ったモンスターを処理する使い方もあり、終盤ではバーンエンドカードにもなり得る。

 自身の強化ではなく相手モンスター攻撃力を下げるという方法でも破壊範囲を広げられる。
 後半のバーン元々の攻撃力を参照するため、弱体化させても問題ない。

収録パック等


Tag: 《粛星の鋼機》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 光属性 機械族 攻1000

広告