俊炎星(しゅんえんせい)−ゾウセイ/Brotherhood of the Fire Fist - Elephant》

効果モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1000/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分フィールドの表側表示の「炎舞」魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
手札から「俊炎星−ゾウセイ」以外の「炎星」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):自分の墓地の「炎舞」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。
その後、デッキからレベル5以上の「炎星」モンスター1体を手札に加える事ができる。

 WORLD PREMIERE PACK 2020で登場する炎属性獣戦士族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合に炎舞コスト炎星1体を手札から特殊召喚する効果墓地炎舞1枚をデッキ戻し、任意でレベル5以上の炎星1体をサーチする効果を持つ。

 (1)は手札からの展開。
 《炎舞−「天キ」》でこのカードまたは展開先の炎星サーチすればコストを用意しつつ展開できる。
 ただ、手札からの特殊召喚は類似カードが多いので、炎星の名を持つ点で差別化したい。

 (2)は墓地炎舞デッキに戻し、追加でレベル5以上の炎星サーチする効果
 炎舞デッキ戻すのでサーチ先の枯渇を防ぐことができる。
 追加のサーチ先は《機炎星−ゴヨウテ》特殊召喚の条件とかみ合わないので、《威炎星−ヒエンシャク》《寿炎星−リシュンマオ》が候補となる。
 どちらも特殊召喚には炎舞が必要なので、別途炎舞を確保する手段を用意しておきたい。
 (1)の効果《速炎星−タイヒョウ》《魁炎星−シーブ》特殊召喚すれば炎舞セットして《寿炎星−リシュンマオ》効果へと繋げることができる。
 《炎舞−「洞明」》があるなら《巧炎星−エランセイ》サーチするのもよい。

 ただし、【炎星】の主力はレベル3・4に固まっているので、レベル5以上の炎星が必要となるかはよく考えておきたい。
 デッキ戻すことだけを目当てにすることもできるが、その場合は《炎星仙−ワシンジン》でもできることを頭に入れておきたい。

  • モデルは『水滸伝』の登場人物である、宗江の実弟であり「地俊星」の生まれ変わりの「宋清」だろう。
    渾名は「鉄扇子」、宴会の差配に扇を用いたことに由来しておりイラストでも扇子を所持しているのがわかる。
  • カード名は上記の「宋清」とゾウをかけている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《俊炎星−ゾウセイ》 モンスター 効果モンスター 星4 炎属性 獣戦士族 攻1000 守1800 炎星

広告