(こころ)()(はし)

永続魔法
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに「宝玉獣」モンスター1体を召喚できる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドの「宝玉獣」カード1枚を選んで破壊し、
デッキから「宝玉」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(3):自分の魔法&罠ゾーンに「宝玉獣」カードが置かれた場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
そのカードとこのカードを持ち主の手札に戻す。

 ストラクチャーデッキ−宝玉の伝説− 超越する絆の光パックで登場した永続魔法
 宝玉獣召喚権を追加する効果宝玉獣破壊して宝玉魔法・罠カードサーチする効果宝玉獣魔法&罠ゾーン置かれた場合に自身と相手フィールドのカードバウンスする効果を持つ。

 (1)は宝玉獣召喚権を追加する効果
 手札宝玉獣腐らせることも多かった【宝玉獣】の展開力を補強できる。

 (2)は手札フィールド宝玉獣破壊し、宝玉魔法・罠カードサーチする効果
 モンスターゾーン宝玉獣破壊すれば魔法&罠ゾーン置くことができるので、カード・アドバンテージを稼ぎつつ(3)の誘発もできる。
 モンスターとしての宝玉獣は1体減るものの、以後の展開に《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》《A宝玉獣 ルビー・カーバンクル》による魔法&罠ゾーンからの特殊召喚を含めれば実質損失なしとなる。
 手札魔法&罠ゾーンから破壊した場合にはカード・アドバンテージこそ稼げないものの、破壊しても痛手にならないことが多い。
 サーチ先として相性の良いカードは、同じサーチ先を持つ《虹の架け橋》を参照。

 (3)は相手フィールドのカードとこのカード手札戻す効果
 トリガー【宝玉獣】ならば自然と満たせるものであり、上述の通り(2)でモンスターゾーン宝玉獣破壊することでも満たせる。
 永続魔法であるこのカードバウンスしてもすぐに張り直せるため、基本的に相手フィールドのカード1体をただバウンスできる。
 永続カードのこのカード魔法&罠ゾーンの圧迫になっている場合にはどかせるために発動するのもよいだろう。

 全ての効果【宝玉獣】にとって非常に有用だが、1ターンに1度の制限がある永続魔法なので複数手札に来ると腐ってしまうのが唯一の難点。
 《宝玉神覚醒》サーチは出来るものの、発動条件がある上に、《虹の架け橋》サーチしたい場合も多いので、サーチ頼りのピン挿しではなかなか手札に持ってこれない。
 デッキの構成と相談しつつ、慎重に採用枚数を決める必要があるだろう。

  • イラストでは、中央に輝くヨハンの右目が描かれており、宝玉獣《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》がその右目を取り囲むようにして並び、その瞳を見つめている。
    • イラスト内にアニメのキャラクターが描かれることは珍しくなくなったが、その場合目元は隠されていることが多く、逆に目だけ大々的に描かれているのは珍しい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《心の架け橋》 魔法 永続魔法 架け橋

広告