新生代化石(しんせいだいかせき)マシン スカルバギー》

融合・効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1400/守1200
自分の墓地の岩石族モンスター+レベル4以下のモンスター
このカードは「化石融合−フォッシル・フュージョン」の効果でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
相手に600ダメージを与える。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「化石融合−フォッシル・フュージョン」のカード名が記されたモンスター1体を手札に加える。

 PREMIUM PACK 2021で登場する地属性岩石族融合モンスター
 化石共通の召喚制限戦闘破壊時に600のバーンを与える効果墓地から除外して《化石融合−フォッシル・フュージョン》カード名が記されたモンスターサーチする効果を持つ。

 他の化石に比べて「化石マシン」は融合素材岩石族自分のものに限定されている。
 とは言え、《化石融合−フォッシル・フュージョン》を採用するデッキはほぼ間違いなく岩石族を採用するため、この縛りは実質的にはほぼ無視できる。

 (1)は戦闘破壊時の600バーン
 自身の元々の攻撃力の低さから発動条件は満たしにくく、基本的にはオマケに近い効果と言える。
 《おジャマトリオ》等の低ステータストークン送りつけカードコンボすれば機会も無きにしも非ず程度か。

 (2)は墓地から除外してのサーチ
 現状のサーチ先は《風化戦士》《シェル・ナイト》の2種類のみだが、いずれも固有のサーチ効果を持つ。
 このため、間接的ではあるが実質的なサーチ先は見かけよりも広いと言える。

 総じてフィールドで有効活用するのは難しい為、融合召喚後は《タイム・ストリーム》などで速やかに墓地へ送り、(2)の発動を狙うのが良いだろう。

  • 「バギー」はオフロード走行を可能とする車を指す。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの第138話において、ジムとオブライエンが覇王城へ向かう際に実体化させて乗り物として使用したモンスター
    デュエルでは使用されていない。
  • 劇中では僅かにカードは確認できるが、ほぼ視認は不可能であり、カード名なども一切言及されていない。
    このため詳細なカードが公開されたのは海外のアニメサイトであり、日本版ではほぼ裏設定の域であるモンスターといえる。
    そのアニメサイトで確認できるイラストは、OCGのものとは塗りなどが多少異なっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《新生代化石マシン スカルバギー》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星4 地属性 岩石族 攻1400 守1200 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可 化石

広告