(かみ)氷結(ひょうけつ)

通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドに水属性モンスターが2体以上存在する場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドにレベル5以上の水属性モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

 PREMIUM PACK 2020で登場した通常罠
 相手フィールド表側表示モンスター1体の効果無効化し、その攻撃を封じる効果レベル5以上の水属性召喚特殊召喚トリガーとして墓地からセットできる効果を持つ。

 類似効果に《迷い風》がある。
 《迷い風》との相違点は以下の通り。

 《迷い風》と比較して、水属性が2体以上存在しないと発動できないという点がネック。
 モンスター除去モンスターの展開を阻害するカード発動を阻害されてしまうため、腐るリスクがある。
 一方で、通常召喚されたモンスターに対しても使えるため、《ドラコネット》などの展開の起点となるモンスターを潰せるメリットがある。

 (2)のサルベージにはレベル5以上の水属性モンスターを必要とする。
 (1)の効果を使うことを考えると、水属性で展開を狙えるデッキに組み込む形となる。
 上級最上級モンスターを主力とする【水精鱗】【ダイナミスト】シンクロモンスター儀式モンスターを主力とする【グレイドル】【リチュア】【影霊衣】が挙げられる。
 【魚族】においては主軸となる《超古深海王シーラカンス》や、そこから展開しての魚族シンクロモンスターで(1)(2)ともに条件を整えやすい。
 《瑚之龍》《テセウスの魔棲物》汎用性が高く、トリガーとしては扱いやすい。
 《白闘気双頭神龍》は相性が良く、神龍トークン特殊召喚する効果により発動条件を満たし、サルベージトリガーにもしやすい。

関連カード

収録パック等


Tag: 《神の氷結》 通常罠

広告