神罰(しんばつ)/Divine Punishment》

カウンター罠
(1):フィールドに「天空の聖域」が存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 ストラクチャーデッキ−ロスト・サンクチュアリ−で登場したカウンター罠
 《天空の聖域》が存在する場合にモンスター効果魔法・罠カード発動無効にし破壊する効果を持つ。

 《天空の聖域》さえあればノーコストの万能パーミッションカードとして使用できる。
 《天空の聖域》《テラ・フォーミング》等のフィールド魔法サーチ以外にも、多くの専用サポートカードを持つので手札フィールドに用意するの簡単。
 フィールド《天空の聖域》扱いになる《パーシアスの神域》《失われた聖域》も存在し、特に後者はこのカード自身もサーチできる。
 ただし、《失われた聖域》自身が罠カードなのでサーチしたこのカード発動までに幾分かの時間を要するのは欠点。

 《天空の聖域》自体の効果汎用性が高いとは言えず、このカードのために《天空の聖域》を利用するというのは有効ではない。
 基本的には《天空の聖域》を軸とするデッキで使用することになる。

 特に《天空聖者メルティウス》《天空賢者ミネルヴァ》といった、カウンター罠に関する効果を持ち、かつ《天空の聖域》が存在する場合に追加効果を得るモンスターを使用する【エンジェル・パーミッション】は相性がいい。
 《天空聖騎士アークパーシアス》《智天使ハーヴェスト》といったカウンター罠サーチサルベージ手段も存在するので複数回の発動も狙いやすい。

 ただ、用意しやすいとはいえ《天空の聖域》がなければ腐ってしまうのはやはり難点であり、《天空の聖域》除去を撃たれると発動せざるを得ず、その後のマストカウンターを通してしまう恐れがある。
 また、【エンジェル・パーミッション】《解放のアリアドネ》を使用するなら《神の宣告》等もノーコストとなり、このカードの利点が消えてしまうので、よく考えて採用したい。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《天空の聖域》発動チェーンして相手《サイクロン》発動した場合、さらにチェーンして自分はこのカード発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/01/16)

Q:《天空の聖域》発動チェーンして相手《神光の宣告者》発動した場合、さらにチェーンして自分はこのカード発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/01/18)

Q:《天空の聖域》発動チェーンして相手《神の宣告》発動した場合、さらにチェーンして自分はこのカード発動できますか?
A:はい、発動できます。(15/05/13)


Tag: 《神罰》 カウンター罠

広告