崇光なる宣告者(アルティメット・デクレアラー)/Herald of Ultimateness》

儀式・効果モンスター
星12/光属性/天使族/攻2000/守3000
「宣告者の神託」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):手札から天使族モンスター1体を墓地へ送って以下の効果を発動できる。
●相手がモンスターの効果・魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
●相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した光属性天使族儀式モンスター
 手札から天使族モンスター墓地へ送りモンスター効果魔法・罠カード発動モンスター特殊召喚無効にし破壊する誘発即時効果を持つ。

 効果ステータス共に《神光の宣告者》上位種で、こちらは特殊召喚無効にする効果も備えるため、戦闘破壊される危険性が格段に減っている。
 それ以外は《神光の宣告者》と大差ないため、手札コストの確保や相性が良いカードについては《神光の宣告者》を参照。

 あちらと比べレベルが12と非常に高く、《儀式の準備》に対応しない上、大抵の場合、複数のリリースが必要になる。
 高レベルモンスターを多数持つ魔神儀リリースに使うべきであろう。
 《魔神儀−カリスライム》を公開して《魔神儀−ブックストーン》《魔神儀−タリスマンドラ》リクルートすればレベル12分のリリース儀式召喚に必要なカードを用意できる。
 【メガリス】では儀式魔法内蔵したレベル4とレベルメガリスのみで出すことができるため消費は軽く、儀式召喚耐性以外の効果を持たない《宣告者の神託》が不要になる。
 ただし効果手札コストとしては使えないため、別で天使族モンスターを用意する必要がある。
 《高等儀式術》を使う場合は天使族レベル通常モンスター3枚で済み、《ハープの精》3枚なら《補充要員》でそのまま回収も狙える。

 《宣告者の神巫》であれば《虹光の宣告者》墓地へ送ってレベル6にしつつ、《サイバー・エンジェル−弁天−》サーチすることで、レベル12分のリリースが揃う。
 さらにリリースされた《宣告者の神巫》《サイバー・エンジェル−弁天−》効果手札コスト用の天使族の確保を狙える。
 《サイバー・エンジェル−弁天−》が既に手札にある場合はこのカード儀式魔法サーチに転用できる。

 しかし、ステータス《神光の宣告者》より200ずつ高いだけでレベルの高さに合っておらず、戦闘破壊で突破されうる点は依然として弱点である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:(1)の発動無効にする効果ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/07/19)


Tag: 《崇光なる宣告者》 儀式モンスター 効果モンスター モンスター 星12 光属性 天使族 攻2000 守3000 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告