星なる影(ネフシャドール) ゲニウス》

リバース・効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1800/守1000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、自分フィールドの「シャドール」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターは自身以外のモンスターの効果を受けない。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その効果モンスターはフィールドで発動する効果を発動できない。

 SELECTION 10で登場する地属性機械族下級リバースモンスター
 リバースした場合にシャドール1体に自身以外のモンスター効果受けない耐性を付与する効果墓地へ送られた場合にフィールド効果モンスター1体の効果の発動を封じる効果を持つ。

 (1)はリバースした場合におけるシャドールへの耐性付与。
 (2)は墓地へ送られた場合におけるフィールド効果モンスター1体の効果の発動の封殺。
 いずれも適用はそのターンのみなので、自分ターンに使用した場合は一部の誘発即時効果誘発効果に対する防御としての運用に留まる。
 可能ならば相手ターンに使用し、起動効果を含めた大半のモンスター効果から身を守る事を視野に入れたい。
 どちらにも言える事だが、魔法・罠カードには無力な点は気を付けたい。

 メインデッキシャドールで唯一の地属性故に《エルシャドール・シェキナーガ》融合素材に使える固有の価値がある。
 ただ、地属性はメジャー属性故に汎用性の高いものや【シャドール】と相性の良いものも少なくない。
 効果を考慮せずに融合素材目当てに採用する場合はそれらと競合する事は念頭に置くべきだろう。

 《転回操車》リクルート可能なステータスであり、《エルシャドール・シェキナーガ》を活用する【列車ドール】ではそのステータスが存分に活きる。
 レベル4・機械族地属性攻撃力1800と主だったサポートカードに対応するので、効果を意識せずとも採用するメリットがある。

 (2)は汎用的な効果のため、機械族を能動的に効果破壊できる【マシンナーズ】で活用することも考えられる。
 《マシンナーズ・カーネル》《マシンナーズ・エアレイダー》と並べれば相手ターン中の妨害もしやすく、地属性機械族なので《マシンナーズ・カーネル》自己再生にも繋がる。

  • カード名前半の「ネフシャドール」は旧約聖書に登場する銅像「青銅の蛇(英名:ネフシュタン)」とシャドールを組み合わせたものだろう。
    ここからもへび座α星を由来とする《星因士 ウヌク》との関連がうかがえる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《星なる影 ゲニウス》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星4 地属性 機械族 攻1800 守1000 シャドール

広告