聖菓使(パティシエル)クーベル/Patissciel Couverture》

融合・ペンデュラム・効果モンスター
星5/闇属性/天使族/攻1700/守 700
【Pスケール:青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。
自分のEXデッキから表側表示のPモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
Pモンスター×2
(1):モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

 WORLD PREMIERE PACK 2022で登場した闇属性天使族融合ペンデュラムモンスター
 もう一方のペンデュラムゾーンエクストラデッキ表側表示ペンデュラムモンスター置くペンデュラム効果モンスターゾーン破壊されたこのカードペンデュラムゾーン置く誘発効果を持つ。

 融合素材ペンデュラムモンスター2体であり、【ペンデュラム召喚】かつ融合召喚のギミックを採用するデッキなら無理なく融合召喚できる。
 《ペンデュラム・フュージョン》ならペンデュラムモンスターエクストラデッキに送りつつ融合召喚することができる。
 闇属性のため《捕食植物ブフォリキュラ》《捕食植物トリアンティス》ペンデュラム効果を活用でき、その2枚で融合召喚可能。
 またレベル5であるため《簡易融合》でも融合召喚でき、自壊も(1)のモンスター効果に繋がる。
 効果は無視して《簡易融合》から供給できる闇属性ペンデュラムモンスターという点を活かし、《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》リンク素材《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》融合素材として採用することも考えられる。

 ペンデュラム効果エクストラデッキ表側表示ペンデュラムモンスターペンデュラムゾーン置く効果
 置くカードエクストラデッキ表側表示で存在する以外の制限はないため、本来は再利用が難しいカードペンデュラム効果の再利用が可能。
 自身がペンデュラムスケール1であるため、適当な高ペンデュラムスケール置くことでペンデュラム召喚の下準備にもなる。

 モンスター効果破壊された場合にペンデュラムゾーン置く効果
 他にモンスター効果は持たず、このカードの本領はペンデュラム効果であるため、能動的な破壊手段を用意しておきたい。
 上述の通り《簡易融合》特殊召喚すればエンドフェイズ自壊により発動できるが、それではペンデュラム効果を利用するのが次の自分ターンになってしまう点は注意。
 破壊しつつペンデュラムモンスターサーチする《天空の虹彩》などとは相性が良い。

 エクストラデッキ表側表示ペンデュラムモンスターペンデュラムゾーン置くだけなら《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》の(2)の効果《ペンデュラム・パラドックス》手札に加えて発動するといった手段もある。
 こちらは《簡易融合》で出した後即座に破壊するなどの方法が取れる他、表側表示で加わっているデュエル開始時にエクストラデッキに入るペンデュラムモンスターペンデュラムゾーンに置き再利用できるメリットはある。
 あるいはいずれも使い、展開パターンを増やすために使うのも手だろう。

  • 「パティシエル(Patissciel)」は、フランス語で「女性の菓子職人」を意味する「Patissiere(パティシエール)」と「空・天国」を意味する「Ciel(シエル)」を掛けたものだろう。
    「聖菓使」は「聖天使」と「製菓師」を掛けたものだろう。
    「クーベル」は英語名にもある通り「Couverture(クーベルチュール)」を指しているようである。
    フランス語で「覆い・カバー」を意味するが、イラストから「Chocolat de couverture(ショコラ・ド・クーベルチュール)」を指していると推測される。
    カカオバターの比率が高いため、溶かして扱いやすい製菓用のチョコレートであり、日本では「クーベルチュール・チョコレート」の名前で知られている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《聖菓使クーベル》 モンスター 融合モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星5 闇属性 天使族 攻1700 守700 スケール1

広告