聖騎士(せいきし)槍持(やりも)ち/Noble Knight's Spearholder》

効果モンスター
星2/光属性/戦士族/攻 800/守 400
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分フィールドのレベル8以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはエンドフェイズまで、カード名を「フルール・シンクロン」として扱い、チューナーとして扱う。
(2):このカードをリリースして発動できる。
デッキから装備魔法カード1枚を手札に加える。

 ANIMATION CHRONICLE 2021で登場した光属性戦士族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合にレベル8以下のモンスター1体を《フルール・シンクロン》扱いのチューナーにする誘発効果、自身をリリースして装備魔法サーチする起動効果を持つ。

 (1)はレベル8以下1体を《フルール・シンクロン》扱いのチューナーにする効果
 チューナーが用意できずとも元々が非チューナーモンスター同士だけでのシンクロ召喚や、《アルティマヤ・ツィオルキン》特殊召喚等が可能になる。
 自身も効果対象に選べるので、これ単体でも非チューナーシンクロンチューナーのどちらにもなることができる。
 レベル7と8のシンクロモンスターには、シンクロ素材チューナー側に光属性を要求されるもの、非チューナー側に光属性を要求されるものがそれぞれ存在するため、レベル5・6のモンスターと並べればそれらを使い分ける事もできる。
 《花騎士団の駿馬》《ケンタウルミナ》とは特に相性が良く、前者でサーチ融合召喚墓地へ送られた直後に後者の効果でこのカード蘇生してこの効果発動すれば、《フルール・ド・シュヴァリエ》シンクロ召喚できる。
 更に、《ケンタウルミナ》効果モンスター除去まで行えるので、カード・アドバンテージで1枚分得をする。

 (2)は装備魔法サーチ効果
 リバース時にサーチする《名工 虎鉄》に比べてこちらは自身をコストにする代わりに即効性に優れる。
 装備魔法を多用するデッキや特定の装備魔法キーカードとするデッキでは、この効果目当てに単体採用も十分に考えられる。

 《ケンタウルミナ》と共に使用する場合、サーチ先は《フルール・ド・シュヴァリエ》強化できる《フルール・ド・フルーレ》が第一候補に挙げられる。
 また、次ターン以降も《ケンタウルミナ》を活用できる《再融合》《フルール・ド・シュヴァリエ》《フルール・ド・フルーレ》より攻撃力を高められる《フュージョン・ウェポン》も候補。

 自身も属する聖騎士は、装備魔法である聖剣が重要となるデッキであり、(2)の効果とのシナジーこそあるものの、自身をリリースする必要のあるこのカードを使わずとも聖剣サーチ手段は他にも多い。
 光属性聖騎士にはチューナーが存在しないため、【聖騎士】でこのカードを扱う場合は実質的なレベル2の光属性聖騎士チューナーとして採用し、いざとなれば(2)のサーチ効果も使える、といった運用が良いだろう。

  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE 5以降のTAG FORCEシリーズやデュエルリンクスでは、ゲームオリジナルカードとして収録されている。
    効果はアニメ版とほぼ同じだが、コストが自身のリリースになっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《聖騎士の槍持ち》 モンスター 効果モンスター 星2 光属性 戦士族 攻800 守400 聖騎士

広告