戦華(せんか)(ぼう)董穎(とうえい)

効果モンスター
星6/闇属性/獣戦士族/攻2200/守1800
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル7以上の「戦華」モンスター1体または「戦華」永続魔法・永続罠カード1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドにレベル7以上の「戦華」モンスターが存在する限り、
相手は400LPを払わなければ、カードの効果を発動できない。
(3):モンスターが相手の墓地へ送られた場合、相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外し、自分はデッキから1枚ドローする。

 DIMENSION FORCEで登場した闇属性獣戦士族上級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合にレベル7以上の戦華または戦華永続魔法永続罠サーチする誘発効果、レベル7の戦華モンスターが存在する場合に相手効果の発動ライフポイントを払う事を課す永続効果モンスター相手墓地へ送られた場合、相手墓地カード1枚を除外し、1枚ドローする誘発効果を持つ。

 (1)はレベル7以上の戦華または戦華永続魔法永続罠サーチする効果
 サーチできる戦華モンスターは全て自己特殊召喚効果を持っており、特に《戦華の叛−呂奉》は殆ど条件なしに特殊召喚できるため相性が良い。
 サーチ先の魔法・罠カードとしてはサーチ特殊召喚戦闘補助など豊富にあるため、状況に合わせたものを選びたい。
 ただしこのカード上級モンスターでありながら自己特殊召喚効果を持たない。
 《戦華史略−矯詔之叛》《戦華の徳−劉玄》などの効果による特殊召喚、あるいはリリース1体で済むために場合によってはアドバンス召喚も駆使してうまく展開したい。

 (2)は相手効果の発動に400ライフポイントを払う事を課す効果
 レベル7以上の戦華モンスターが必要になるが、(1)でサーチできるため並べることは難しくない。
 1回の支払い量は大したことないが、あらゆる効果の発動ライフポイントの支払いを課せるため拘束力は決して低くない。
 詳しい裁定や処理に関しては払うライフポイントの数値以外同じ処理を行う《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》を参照。

 (3)はモンスター相手墓地へ送られた場合、相手墓地カード1枚を除外し、1枚ドローする効果
 トリガーも容易に満たせるものであり、相手墓地アドバンテージを削りつつ自分ドローによってアドバンテージを稼げる。

 (2)で制圧しつつ、(1)と(3)によりハンド・アドバンテージを獲得できるモンスターだが、維持の際に問題になるのはこのカード耐性を持たず攻撃力も低めな点だろう。
 《戦華史略−大丈夫之義》《戦華史略−長坂之雄》などを使って上手く守ってやりたい。

  • モチーフは中国・三国時代の武将及び政治家の「董卓(とうたく)」だろう。
    字は「仲頴(ちゅうえい)」であり、カード名はそれらを複合させている。
    元は涼州(中国北西部)出身の辺境を守る将軍に過ぎなかったが、黄巾の乱や朝廷の政変に乗じて中央に進出し、軍事力を背景に徐々に頭角を表していった。
    189年に前の主人を裏切るようそそのかして呂布を配下とし、同年に漢王朝の実権を掌握すると、カード名の「暴」の字が示す通りに略奪と殺傷の限りを尽くす暴政を敷いた。
    その専横ゆえに袁紹を中心とする反董卓連合軍から攻撃され、更には臣下らにも反感を抱かれるようになり、最期は側近かつ養子の呂布に殺害された。
  • 黄巾の乱での苦戦、その後の暴虐な振る舞いが注目されがちだが、辺境の異民族や反乱軍相手に長年戦い抜き、自らも武芸に秀でていた将軍という一面も持つ。
    このカードの2200という攻撃力は、《戦華の来−張遠》(2300)、《戦華の義−関雲》(2500)といった猛将たちには及ばないものの戦華内では高めの数値であり、歴戦の将としての戦績が反映されている。
  • このモンスターの鎧には、猪をモチーフとした意匠が見られている。

関連カード

―《戦華の暴−董穎》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《戦華の暴−董穎》 モンスター 効果モンスター 星6 闇属性 獣戦士族 攻2200 守1800 戦華

広告