双天将(そうてんしょう) 金剛(こんごう)/Dual Avatar - Empowered Kon-Gyo》

融合・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻3000/守1700
「双天拳の熊羆」+「双天」モンスター×2
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):このカードが攻撃したダメージ計算後に発動できる。
相手フィールドのモンスター1体を選んで持ち主の手札に戻す。
(3):自分フィールドに融合モンスターが2体以上存在し、
フィールドのこのカードを対象とする相手の魔法・罠カードの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。

 PHANTOM RAGEで登場した光属性戦士族融合モンスター
 自身の戦闘時に相手効果の発動を封じる永続効果、自身が攻撃したダメージ計算後相手モンスター1体をバウンスする誘発効果、自身を対象とする効果発動無効にする誘発即時効果を持つ。

 他の双天融合モンスターよりも融合素材の必要数が多く、《双天拳の熊羆》が名指し指定されている。
 このため、《双天招来》単体からは融合召喚できず、《双天拳の熊羆》が別に必要となる。
 《阿吽の呼吸》+任意の手札1枚ならば、このモンスター双天融合モンスターを並べられ、(3)も適用できる(《阿吽の呼吸》参照)。
 《双天脚の鴻鵠》の(1)の追加効果で直接特殊召喚しても効果の面では支障はないが、蘇生制限は満たせない。

 (1)は戦闘時の相手効果の発動の封殺。
 3000の攻撃を通すのに役立ち、相手からの攻撃でも適用されるため自爆特攻を利用した戦術も防ぎやすい。

 (2)は攻撃後の相手モンスターバウンス
 発動タイミングは遅いものの、対象も取らず破壊も介さず、(1)により無効化もされないので除去としての性能は高い。
 戦闘破壊とこの効果で最大2体のモンスターを処理できるため、劣勢からの巻き返しとしても適する。

 (3)は自身を対象とする効果発動無効化。
 発動条件に関しては《双天招来》による1ターンに2度の融合召喚でクリアするのが基本となるか。
 融合召喚されている必要は無いので蘇生《双天脚の鴻鵠》効果による特殊召喚でも条件は作り出せる。
 耐性としてはまずまずだが、1ターンに1度しか使えず、自身以外の融合モンスターが狙われるのは防げないので過信はできない。

  • 金剛とはダイヤモンドの事であるが、他に阿吽と名の付く融合モンスターが存在することから金剛力士像の意味か。
    金剛杵を持つことが名の由来である。
    口を開けた阿形像と口を結んだ吽形像の2体を一対として寺院の門の左右に配置される事が多い。
  • もしくは執金剛神(しゅこんごうじん)が由来の可能性もある。
    金剛力士と起源は同一視されているが、こちらは1体のみで鎧姿である。

関連カード

―《双天将 金剛》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《双天将 金剛》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 光属性 戦士族 攻3000 守1700 双天

広告