大皇帝(だいこうてい)ペンギン/The Great Emperor Penguin》

効果モンスター
星5/水属性/水族/攻1800/守1500
(1):このカードをリリースして発動できる。
デッキから「大皇帝ペンギン」以外の「ペンギン」モンスターを2体まで特殊召喚する。

 GENERATION FORCEで登場した水属性水族上級モンスター
 自身をリリースして、同名カード以外のペンギンを2体リクルートする起動効果を持つ。

 リクルートできるペンギン《ペンギン勇士》を除いて下級モンスターであり、効果で展開した後にシンクロエクシーズリンク召喚に繋ぐのが基本となる。
 モンスター効果の発動回数に制限が無く、墓地へ送った後も《リビングデッドの呼び声》《子型ペンギン》蘇生できれば、1ターンで4体のペンギン特殊召喚できる。

 リクルート先は同名カードでも構わず、メインデッキペンギンは現在1〜5までが揃っているので、理論上はランク1〜5を使い分けられる。
 とは言え、メインとなるペンギンレベルを考慮するとエクシーズ召喚先はランク3〜5が基本となるだろう。
 ランク4と3の併用が容易いため、《バハムート・シャーク》《No.37 希望織竜スパイダー・シャーク》《ブラック・レイ・ランサー》等も無理なく投入できる。

 チューナーである《極氷獣ポーラ・ペンギン》《ペンギン勇士》特殊召喚すれば、シンクロ召喚を狙うことも可能。
 《極氷獣ポーラ・ペンギン》の場合はレベル4〜7が、《ペンギン勇士》の場合はレベル6〜9が狙えるが、あらかじめ墓地《否定ペンギン》を置いておけばそれ以上も狙える。
 ただし《ペンギン勇士》の場合は水属性シンクロ召喚にしか使用できない点に注意。

 このカード上級モンスターであるためアドバンス召喚には1体のリリースを必要とし、やや召喚に手間が掛かる。
 《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》とは抜群の相性を誇り、あちらの(1)でサーチした後に(2)で手札のこのカードレベル4にする事でリリース無しで召喚可能となる。
 《トランスターン》とも相性がよく、《トビペンギン》《ペンギン・ナイトメア》から特殊召喚できる。
 《トビペンギン》《ボルト・ペンギン》《予想GUY》リクルートしてリリース要員とするのも良い。
 他にも《エッジインプ・シザー》《ゾンビキャリア》ならば手札ペンギンデッキ戻しつつアドバンス召喚できる。

 《伝説の都 アトランティス》を併用してこのカードリリース無しで召喚するのも1つの手だろう。
 ただし、他のペンギンレベルも下がってしまうため、シンクロ召喚エクシーズ召喚先はやや制限されてしまう。
 リンク召喚ならばレベル変動もほぼ関係が無いので、そちらを主体にデッキを構築してみるのも手。

  • イラストには普通のコウテイペンギンと、その何倍もの体躯を持つ巨大なペンギンが描かれている。
    コウテイペンギンは体長120cm、体重40kgほどまで成長し、現生のペンギンでは最大種である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《大皇帝ペンギン》 効果モンスター モンスター 星5 水属性 水族 攻1800 守1500 ペンギン

広告