超勝負(ちょうしょうぶ)!/Super All In!》

通常魔法
(1):自分フィールドのSモンスター1体を選んで持ち主のEXデッキに戻し、
自分の墓地から「花札衛」モンスター4体を選んで特殊召喚する。
その後、自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。
それが「花札衛」モンスターだった場合、そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚できる。
違った場合、自分フィールドのモンスターを全て破壊し、自分のLPを半分にする。
(2):このカードが「花札衛」モンスターの効果で墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
自分の墓地から魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える。

 COLLECTION PACK 2020で登場した通常魔法
 フィールドシンクロモンスターエクストラデッキ戻し花札衛4体を蘇生し、その後ドローしたカード花札衛か否かでそれぞれの効果適用する効果花札衛効果墓地へ送られたターンエンドフェイズ魔法・罠カードサルベージする効果を持つ。

 (1)は4体の花札衛蘇生及びドローしたカードの結果次第で適用される効果
 ドローカード花札衛ならばそちらを召喚条件無視で特殊召喚できるため、前半部の効果と合わせて5体の花札衛を並べられる。
 後半部分の特殊召喚は任意なので、メインモンスターゾーンの空きがない場合などでは手札に温存する事も可能。

 一方、ドローカード花札衛以外ならば、自分モンスターが全滅した上で、ライフポイントが半分になるという強烈なデメリットを持つ。
 こちらの効果適用させると敗北に直結しかねないので、極力デッキトップ操作カードと合わせて使いたい。
 ただ、《花札衛−雨四光−》蘇生させるモンスターの中に混ぜれば、全体除去耐性で凌げ、1体も破壊されない場合はライフポイントが半分になる処理もされない。
 そのため、花札衛以外のモンスターフィールドに存在しなければ、ノーリスクで4体の蘇生(+ドローor特殊召喚)が可能。

 【花札衛】では《シンクロキャンセル》を使って似た動きもできるが、こちらは戻すシンクロモンスターに関係なく4体を蘇生できる。
 よって、2〜3体でシンクロ召喚したモンスターを選べば、数の上ではアドバンテージを得る事も視野に入る。
 また、蘇生帰還されたシンクロモンスターを利用できる点もこちらならではのメリット

 (2)は魔法・罠カードサルベージ効果
 エンドフェイズと少々遅いものの、このカード自身や汎用魔法・罠カードでもよい。

  • アニメでのテキストは以下の通り。
    (1):自分フィールドのSモンスター1体を対象として発動できる。
    そのSモンスターをエクストラデッキに戻す。
    さらに、エクストラデッキに戻したそのモンスターのS召喚に使用したS素材モンスター一組が自分の墓地に揃っていれば、
    その一組を召喚条件を無視して特殊召喚できる。
    この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは2になる。
    その後、自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。
    確認したカードによって、それぞれ以下の効果を適用する。
    ●「花札衛」モンスター:手札からそのモンスターを自分フィールドに召喚条件を無視して特殊召喚する。
    この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは2になる。
    ●「花札衛」モンスター以外のカード:自分フィールドのモンスターを全て破壊し、自分のLPを半分にする。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《超勝負!》 魔法 通常魔法

広告