電幻機塊(でんげんきかい)コンセントロール/Appliancer Socketroll》

効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻 100/守 100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「機塊」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
自分フィールドに他の「電幻機塊コンセントロール」が特殊召喚された場合に発動できる。
デッキから「電幻機塊コンセントロール」1体を特殊召喚する。

 COLLECTION PACK 2020で登場した闇属性機械族下級モンスター
 機塊モンスターフィールドに存在する場合に手札から特殊召喚できる起動効果、このカードフィールドに存在する状況で同名カード特殊召喚された場合、同名カードリクルートする誘発効果を持つ。

 (1)は手札から特殊召喚する効果
 発動条件機塊モンスターなら同名カードでもよく、同名カードトリガーにした場合、(2)の発動にも繋がる。

 (2)は同名カードリクルートする効果
 上述の通り同名カードトリガーにした(1)からつなぐこともできる。
 《複写機塊コピーボックル》とは相性がよく、あちらの(1)の効果であちらを特殊召喚した場合、(2)の効果同名カード特殊召喚した場合そのどちらでもトリガーになる。
 機塊カード以外としては《ワン・フォー・ワン》などによるリクルートなどが有力か。
 発動に成功すれば同名カードが3体並ぶことになるため、それらを使ってランク1のエクシーズ召喚リンク召喚につなぐことができる。
 3体を使って《充電機塊セルトパス》リンク機塊リンクモンスターリンク召喚すれば、機塊リンクモンスターの持つ相互リンク状態に発動できる効果発動できる。
 変わったところでは《スリーカード》などのフィールドに複数の同名カードを要求するカード発動条件も満たせるため、それらとコンボするのもよい。

 機塊モンスターの中でも中核をなす性能だけにこのカードへの除去と妨害は常に気を付けたい。
 特に《連鎖除外》は天敵であり、デッキ内の同名カードまで根こそぎ除外されるためかなりの痛手となる。

  • カード名の由来はコンセントトロールか。
    他の機塊と異なり、「電源」ではなく「電幻」と言う独自の名称が使用されている。
    また、通常「電源機器」(電源装置)とは電力を発生させる装置の事を差し、コンセントは「接続器」と呼ばれる。
    • 英語名では「コンセント」ではなく「ソケット」になっている。

関連カード

―《電幻機塊コンセントロール》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《電幻機塊コンセントロール》 モンスター 効果モンスター 星1 闇属性 機械族 攻100 守100 機塊

広告