氷結界(ひょうけっかい)虎将(こしょう) グルナード/General Grunard of the Ice Barrier》

効果モンスター
星8/水属性/戦士族/攻2800/守1000
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに「氷結界」モンスター1体を召喚できる。

 DUEL TERMINAL −疾風のドラグニティ!!−で登場した水属性戦士族最上級モンスター
 1ターンに1度だけ氷結界を追加で召喚できる永続効果を持つ。

 氷結界限定で召喚権を追加でき、氷結界を並べることで効果を発揮する下級モンスターのサポートになる。
 このカード自身は自己特殊召喚手段のない最上級モンスターだが、《氷結界の伝道師》《氷結界の随身》等によって特殊召喚できる。
 変わったところでは、最上級帝と同じステータスなので一部の帝王関連カードも利用できる。

 ただ、特殊召喚ではなく召喚権の追加という点でやや難がある。
 上級モンスター以上ならリリースが必要であり、攻撃表示で出すことになるため《氷結界の守護陣》《氷結界の御庭番》との相性も良くない。
 特殊召喚でなく召喚する必要がある氷結界には《氷結界に住む魔酔虫》《氷結界の神精霊》《氷結界のロイヤル・ナイト》があるが、いずれも【氷結界】でも活用が難しいカードであり噛み合わない。
 《氷結界の紋章》の存在から手札氷結界を確保することは難しくないが、シンクロモンスター《氷結界の照魔師》などの手札コストにした後で蘇生した方が効率的な場合もある。
 特に《氷結界の伝道師》レベル表示形式を問わず蘇生でき、《氷結界の伝道師》蘇生する手段も《氷結界の晶壁》《海晶乙女コーラルアネモネ》《浮上》と豊富なため、召喚権の追加は展開手段としてはどうしても見劣りする。

 墓地が整っていない序盤であれば展開役を担えるか。
 また、《氷結界の伝道師》には自身の効果特殊召喚する場合にレベル5以上を特殊召喚できない誓約効果があるので、それを嫌う場合にも活かしやすい。
 元々の召喚権氷結界以外のモンスターに充てるのも良く、《深海のディーヴァ》等から更なる展開につなげるのも手である。

  • 名前の由来は手榴弾を表す「Grenade」のフランス語読みか。
    他の虎将も名前に近代兵器の名前が含まれているが、これは戦闘兵器であるA・O・Jへの協力に積極的に関わった存在であることを示しているのだろうか。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINAL NEXTのアドベンチャーモード、「混沌の覇者!!」では中ボスとして登場。
    グングニールの結界をプレイヤーが勝手に解いた事に怒り勝負を挑んでくるが、それは彼による覚悟を試すための挑発であり、勝利するとプレイヤーに力を貸してくれる。
    攻撃モーションは他の戦士族達と違い、頭上に氷結界特有の陣を出現させてそこから氷弾を発射するという、魔法使い族のようなものとなっている。

関連カード

―《氷結界の虎将 グルナード》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールドにこのカードが2体存在する場合、通常召喚に加えて氷結界を2体召喚できますか?
A:できません。
  複数存在する場合でも1ターンに1回のみとなります。(09/07/07)

Q:このカード通常召喚した後、氷結界召喚できますか?
A:可能です。(09/07/07)

Q:通常召喚したターン、このカードリリースして氷結界アドバンス召喚できますか?
A:可能です。(09/07/07)

Q:通常召喚を行っていなくても、この効果氷結界召喚できますか?
A:可能です。(10/10/25)


Tag: 《氷結界の虎将 グルナード》 効果モンスター モンスター 星8 水属性 戦士族 攻2800 守1000 氷結界

広告