氷結界(ひょうけっかい)交霊師(こうれいし)/Medium of the Ice Barrier》

効果モンスター
星7/水属性/魔法使い族/攻2200/守1600
(1):相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより4枚以上多い場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は1ターンに1度しか魔法・罠カードを発動できない。

 DUEL TERMINAL −反撃のジャスティス!!−で登場した水属性魔法使い族最上級モンスター
 自身を手札から特殊召喚できる召喚ルール効果魔法・罠カード発動回数を制限する永続効果を持つ。

 最上級モンスターながら自身の効果により特殊召喚が可能だが、4枚以上という相当のボード・アドバンテージ差が必要となる。
 自然に満たせるのは劣勢時か後攻ターン目程度であり、4枚も差があれば何らかの妨害カードが存在する可能性も高い。
 トークンでもよいため《おジャマトリオ》などで条件を満たすことは狙えなくもないが、他に特殊召喚手段を用意しておいたほうがいいだろう。
 氷結界なので《氷結界の伝道師》《氷結界の虎将 ガンターラ》での蘇生や、《氷結界の随身》での手札からの特殊召喚が可能。

 魔法・罠カード発動回数を制限できる《大将軍 紫炎》と同様の効果を持つ。
 相手の行動をある程度抑制でき、魔法カードを複数回発動する【魔導書】【ペンデュラム召喚】等には特に効果的。
 氷結界には同じく魔法カードメタ《氷結界の破術師》《氷結界の封魔団》が存在するが、こちらはコストも条件も自分への影響もなく、罠カードにも対応する点で優る。
 一方、少なくとも1回は発動を通してしまうのが弱点で、その1回でこのカード除去されたり効果無効にされる恐れがある。
 最上級モンスターにしてはステータスも低く、モンスター効果にも干渉できないので、維持するには何らかのサポートが欲しい。

 《マジシャンズ・ソウルズ》と相性がよく、レベル6以上の魔法使い族なのであちらによりデッキから墓地へ送ることができる。
 《マジシャンズ・ソウルズ》蘇生できあちらの(2)の効果とも相性がいい《魔術師の再演》魔術師永続魔法サーチすれば、このカード1ターンに1度の穴も埋められる。

  • マスターガイド3によると、世界を滅ぼしていく《氷結界の龍 トリシューラ》を止めるために動いていたが、その声は届かなかったらしい。
    DTマスターガイドによれば、氷結界の龍と交信し預言を授かる力を持ったトリシューラ解放派の中心人物であり、封印を解いたものの暴走し、他の龍も暴走してしまったと解説されている。
    相手フィールドカード除去する氷結界の龍との相性は最悪であり、シナジーが無いのを見ると、こうなってしまったのも必然だったのかもしれない。
  • 交霊師とは恐らく交霊術師(または降霊術師)の略称だろう。
    ネクロマンサーや口寄せ等とも呼ばれ、ファンタジー世界においてはシャーマン精霊使いとほぼ同じ存在である。
    英語名では「巫女、霊媒」の意味を持つ「Medium」が用いられている。
  • このストーリーにおいてはグングニールの封印解放に対しては乗り気ではなく、解放反対派と対立している様子も見られなかった。
    劇中ではプレイヤーの活躍により状況が好転しており、史実では戦況の悪化が氷結界内部での悲劇を招いてしまったようである。

関連カード

―類似効果を持つモンスター1ターンに1度を参照。

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手プレイヤーが既に1回発動した後でこのモンスターフィールドに出た場合、どうなりますか?
A:「このカードフィールドに出てから、1ターンに1度」ですので、このカードフィールドに出る前に相手が何枚発動していようとも関係はありません。(08/09/28)


Tag: 《氷結界の交霊師》 効果モンスター モンスター 星7 水属性 魔法使い族 攻2200 守1600 氷結界

広告