富炎星(ふえんせい)−ハクテンオウ/Brotherhood of the Fire Fist - Swan》

融合・効果モンスター
星8/炎属性/獣戦士族/攻2600/守2200
獣戦士族モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドの「炎舞」魔法・罠カードの数×200ダメージを相手に与える。
(2):自分・相手のバトルフェイズに、自分フィールドの表側表示の「炎舞」魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 WORLD PREMIERE PACK 2020で登場する炎属性獣戦士族融合モンスター
 特殊召喚に成功した場合にフィールド炎舞の数だけダメージを与える効果お互いバトルフェイズフィールドのカード破壊できる効果を持つ。

 (1)は炎舞の数に比例したバーン効果で、最大で1200ダメージとなる。
 しかし、実戦で6枚の炎舞が同時に表側表示で存在するという状況は稀であり、600か800程度のダメージに留まるのがほとんどだろう。
 あって困る効果ではないが、おまけ程度として考えておき、過度な期待はしない方がいいだろう。

 (2)はバトルフェイズ発動できる除去効果
 昨今の環境では、対象をとる効果破壊効果耐性があるカードは多く、通りはあまりよくない。
 一番の問題はバトルフェイズにしか使えないという事で、それまでにこのカード炎舞を狙われると対抗できないという弱点もある。
 カードの種類表示形式を問わない除去効果【炎星】では貴重なのだが、やや癖の強さは目立つ。

 いずれの効果炎舞が関わるので【炎星】専用の様に思われるが、《炎舞−「天キ」》《炎舞−「天枢」》は汎用獣戦士族サポートである。
 このため、融合召喚のギミックを採用した【獣戦士族】、特に融合召喚を中心とした【ムーンライト】では採用しやすい。
 【炎星】融合召喚を狙う場合は《炎舞−「隠元」》が基本となるだろう。

  • モデルは『水滸伝』の登場人物である「天富星」の生まれ変わりの「李応」と思われる。
    点鋼槍(柄も鉄でできている槍)の名手であり、それにちなんでかこのモンスターイラストでも槍を構えている。
    元は梁山泊と敵対していた「李家」の家長であり、コ三娘とは姻戚関係にあたる。
  • カード名は上記の李応と、彼のあだ名である「撲天蝓廖△修靴董崘鯆察廚鯀箸濆腓錣擦燭發里世蹐Α
    ちなみに、「撲天蝓廚蓮崚祁發掴鼻廚魄嫐し、これは背中に隠した飛刀を使えば百歩離れたところからでも喉を射ることができる腕前に由来する。

関連カード

―《富炎星−ハクテンオウ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《富炎星−ハクテンオウ》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 炎属性 獣戦士族 攻2600 守2200 炎星

広告