墓守(はかもり)使徒(しと)/Gravekeeper's Nobleman》

効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1000
このカードが相手モンスターの攻撃によって破壊され墓地へ送られた時、
デッキから「墓守の使徒」以外の
「墓守」と名のついたモンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚できる。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 相手攻撃戦闘破壊され墓地へ送られた時、墓守裏側守備表示リクルートする誘発効果を持つ。

 墓守であればレベルステータスは問わない。
 しかし、相手攻撃限定かつ裏側守備表示で出すため、リクルートできても戦闘破壊される可能性が高い。
 リクルートするならリバースした場合の効果を持つ《墓守の偵察者》《墓守の番兵》が優先される。
 これらは《墓守の召喚師》ではサーチできなかったので、このカードの登場によって奇襲性が増したと言える。

 もっとも、攻撃を受ける前に除去される可能性が高く、攻撃表示で出すにしてもセットするにしても、《墓守の召喚師》の方がアドバンテージを失いにくい。
 バトルフェイズ中に特殊召喚してリクルーターとして使う手はある。

  • 「使徒」という肩書そのものは「使者」とそう大差のない意味であるが、一般的には高位の宣教者など、キリスト教関連で用いられることが多い。
    エジプト王朝の墓守とは関連性が薄いためか、英語名では《抹殺の使徒》などと同様に「Nobleman(貴族)」とされている。
    • なお原作においてはシャーディーが「アヌビスの使徒」として、この肩書を使用している。

関連カード

カード名関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手コントロールする、元々の持ち主が自分のこのカードを、自分戦闘破壊した場合でも効果を使えますか?
A:いいえ、発動する事はできません。(13/11/17)

Q:相手コントロールする、元々の持ち主が自分のこのカードを、自分《マジック・ランプ》効果相手戦闘破壊した場合に効果を使えますか?
A:いいえ、発動する事はできません。(18/01/18)


Tag: 《墓守の使徒》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 魔法使い族 攻1000 守1000 墓守

広告