墓守(はかもり)(わな)

永続罠
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地に「現世と冥界の逆転」が存在する限り、
相手は墓地のカードの効果を発動できず、墓地のモンスターを特殊召喚できない。
(2):お互いのメインフェイズに、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「墓守」モンスターまたは天使族・地属性モンスター1体を手札に加える。
(3):このカードが表側表示で存在する場合、相手ドローフェイズのドローの前に、カード名を1つ宣言して発動する。
通常のドローをしたカードを確認し、宣言したカードの場合、墓地へ送る。

 デュエリストパック−輝石のデュエリスト編−で登場した永続罠
 墓地《現世と冥界の逆転》が存在する場合に相手墓地効果の発動蘇生を封じる効果お互いメインフェイズ手札コストを払うことで墓守モンスターまたは地属性天使族サーチする効果相手通常のドローがその直前に宣言したカードだった場合にそれを墓地へ送る効果を持つ。

 (1)は相手墓地効果の発動蘇生の封殺。
 墓地《現世と冥界の逆転》が必要であり、(2)の手札コスト等を活用して手札デッキから早めに墓地へ送ると良い。
 影響力は相手デッキにやや左右されるが、それらを全く行わないデッキは少ないため、殆どのケースでは相手の行動を鈍らせられる。
 墓地利用を積極的に行うデッキに対しては強く刺さるので、狙うだけの価値はある。

 (2)は墓守モンスターまたは地属性天使族サーチ
 お互いメインフェイズ発動できるため、維持できれば手札の質を高めつつデッキを回転させられる。
 手札コストにより墓地肥やしにも活用できるが、永続罠であるため除去チェーンされるとディスアドバンテージになる点は気を付けたい。

 (3)は相手通常のドローを当てた場合のハンデス
 確実にハンデスするには前のターンまでに相手デッキトップを操作しておくか、《予見者ゾルガ》《SPYRAL−ダンディ》《天変地異》等で確認しておく必要がある。
 特に《予見者ゾルガ》はこのカードの(2)でサーチできるため、この効果トリガーとして有用に機能させやすく相性がよい。
 《トップ・シェア》も自身は任意のカードを次のターンドローしつつハンデスに繋がるので相性が良い。
 それらのカードがない場合でも、ノーコストピーピングすることはでき、ドローされると不味いカード宣言しておけばそのカード手札に加わることはないため、使って損はない。
 なお強制効果であるため、発動しないということはできない。

 (1)は《現世と冥界の逆転》の採用が求められるが、(2)(3)はあちらを採用せずとも機能する。
 特に(2)は【墓守】【ファーニマル】、【春化精】などで汎用的に使える性能であるため、このカード単体での採用も十分に検討できる。
 【マドルチェ】でも《マドルチェ・エンジェリー》《マドルチェ・プティンセスール》サーチが可能だが、後者の場合はうっかりモンスター手札コストにしないように注意したい。

  • 原作・アニメにおいて―
    カード名の由来は、原作・アニメDMの「海馬vsイシズ」戦でイシズが言い放った「瀬人、罠に落ちたのはあなたです、『墓守の罠』に」というセリフだろう。
    未来予知で見た通りの海馬のデッキ破壊戦術に対して、イシズが《現世と冥界の逆転》を「墓守りの罠」と例えて使用した。
  • イラストにも、影で覆われているイシズ・イシュタール当人と思しき人物が描かれている。
    (3)は、未来を予知する千年タウクの力と《無効》(原作版)のコンボを意識したものか。
  • 原作・アニメではイシズは墓守カードを使用していないが、作中の設定からゲーム作品では墓守を使用するケースも見られる。
    (2)で墓守サーチ可能なのはこの点を意識したものだろう。
    • 原作の台詞は「墓守(はかも)りの罠」と送りがなが付いていたが、このカード墓守に揃えるためか表記が変わっている。

関連カード

サポートカード

イラスト関連

収録パック等

(3)の効果について

Q:《魔王ディアボロス》の△効果チェーンしてこのカード発動し、(3)の効果発動できますか?
A:ご質問の状況がデュエル中に発生した際には、対戦相手の方と話し合って進めていただいたり、大会中であれば審判の判断で進めていただけましたら幸いでございます。(2022/05/25)


Tag: 《墓守の罠》 永続罠

広告