宝玉(ほうぎょく)加護(かご)

通常魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「宝玉獣」モンスターカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、そのカードの元々の種族・属性・レベル・攻撃力・守備力を持つ「宝玉獣トークン」1体を自分フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分の魔法&罠ゾーンに「宝玉獣」カードが置かれた場合、
このカードを除外して発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
自分の魔法&罠ゾーンの「宝玉獣」モンスターカード1枚を選んで特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−宝玉の伝説−で登場した通常魔法
 自分フィールド宝玉獣破壊した後に、それと元々のステータスが同じ宝玉獣トークンを生成する効果魔法&罠ゾーン宝玉獣が置かれた場合に自身を墓地コストとして、魔法&罠ゾーン宝玉獣1体を特殊召喚する効果を持つ。

 (1)は破壊した宝玉獣と同じステータス宝玉獣トークンの生成。
 モンスターゾーン宝玉獣破壊した場合、破壊された宝玉獣魔法&罠ゾーンに留まるので実質ボード・アドバンテージを得られる。
 破壊する宝玉獣魔法&罠ゾーンのものでも構わず、その場合はモンスターを1体増やす結果となる。
 どちらを選んでも得はするが、生成された宝玉獣トークン破壊されれば消滅してしまい、エクシーズ素材にも使えない点は意識しておきたい。
 そもそも下級宝玉獣はステータスも相応のため戦闘要員としては心もとなく、かと言って素材に使うならもっと有用なトークン生成手段が多く存在する。
 《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》ならば高い攻撃力を存分に活かすことができ、モンスターゾーン破壊した場合は永続魔法として発動可能な効果にも繋がるので、それを狙いたい。

 (2)は魔法&罠ゾーン宝玉獣1体の特殊召喚
 トリガーとなった宝玉獣を即座に展開しても良いし、別の宝玉獣が存在するのならばそちらを選ぶこともできる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《宝玉の加護》 魔法 通常魔法 宝玉

広告