宝玉(ほうぎょく)祝福(しゅくふく)

通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の魔法&罠ゾーンの「宝玉獣」モンスターカードを2枚まで選んで特殊召喚し、
その元々の攻撃力の合計分だけ自分のLPを回復する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分の魔法&罠ゾーンに「宝玉獣」カードが置かれた場合、
このカードを除外して発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
自分のデッキの一番上のカードをめくり、それが「宝玉獣」モンスターだった場合、
そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。
違った場合、そのカードを墓地へ送る。

 ストラクチャーデッキ−宝玉の伝説−で登場した通常罠
 魔法&罠ゾーン宝玉獣を2体まで特殊召喚し、その元々の攻撃力の合計数値だけライフ回復する効果魔法&罠ゾーン宝玉獣が置かれた場合に自身を墓地コストとして、デッキトップをめくり、宝玉獣なら手札加える特殊召喚し、それ以外なら墓地へ送る効果を持つ。

 (1)は魔法&罠ゾーン宝玉獣特殊召喚ライフ回復
 最大2体まで選ぶことができ、《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》トリガーにもなる(特殊召喚ライフ回復は同じタイミングなので、タイミングを逃す要因にはならない)。
 回復量の期待値も大きく、《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》を含んでいれば4000以上もの回復も十分に見込める。
 一方で、罠カードゆえの即効性の低さと、そもそも特殊召喚する宝玉獣の性能が高くない点は気になる所。

 (2)は不確定の宝玉獣サーチまたはリクルート
 トリガー【宝玉獣】ならば自然と満たせるものであり、罠カードであるため相手ターンでも発動可能。
 予めデッキトップを操作していれば別だが、そうでなければ成功するかは運次第となる。
 《宝玉獣 コバルト・イーグル》デッキトップを固定できるが、汎用性が低く、単体ではディスアドバンテージとなるあちらを使うのはコンボ性が高くなり、事故要因となる。
 《A宝玉獣 コバルト・イーグル》も同様の効果を持つが、《アドバンスド・ダーク》サーチする事が優先されるため、そもそもフィールドに出ない事も多い。
 そもそも失敗しても1枚分の墓地リソースは得られるので、気にせずに発動してしまってもよいだろう。
 このカードを含む宝玉カードの幾つかは墓地効果を持つため、それらが墓地へ送られれば、悪い結果とはならない。
 成功すればサーチリクルートかを選ぶことができ、それが《宝玉獣 サファイア・ペガサス》《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》ならば更なる展開も望める。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《宝玉の祝福》 通常罠 宝玉

広告