宝玉(ほうぎょく)玲瓏(れいろう)

永続罠
(1):「宝玉の玲瓏」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「宝玉獣」モンスターの攻撃力は、その元々の守備力分アップする。
(3):自分の魔法&罠ゾーンに「宝玉獣」カードが置かれた場合、
魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
自分の手札・墓地から「宝玉獣」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
このターン、自分が受ける全てのダメージは半分になる。

 ストラクチャーデッキ−宝玉の伝説−で登場した永続罠
 同名カード1枚しか存在できない効果宝玉獣攻撃力をその元々の守備力強化する効果宝玉獣魔法&罠ゾーンに置かれた場合に自身を墓地へ送る事で、手札墓地より宝玉獣特殊召喚し、このターンダメージを半減する効果を持つ。

 (2)は宝玉獣強化する効果
 守備力の高い宝玉獣にとっては大きな強化になり、最高攻撃力となるのは《宝玉獣 アンバー・マンモス》《A宝玉獣 アンバー・マンモス》の3300となる。
 他にも《宝玉獣 サファイア・ペガサス》《A宝玉獣 サファイア・ペガサス》が3000打点のアタッカーとして利用でき、《宝玉獣 トパーズ・タイガー》《A宝玉獣 トパーズ・タイガー》は自身の効果と併せ、前者は3000まで、後者は3400まで処理できるようになる。

 ただ、攻撃力のアップ量が大きい、つまり守備力の高い宝玉獣《宝玉獣 アンバー・マンモス》《宝玉獣 エメラルド・タートル》といった比較的受け身の効果を持つモンスターとなる。
 直接攻撃効果を持つ《宝玉獣 アメジスト・キャット》は400しかアップしなかったりと、アップ値が大きくかつ有効に使いやすい宝玉獣は限られてくる。
 特に《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》守備力0であり、全く恩恵を受けられない。
 それでも全体強化ということで上記の《宝玉獣 サファイア・ペガサス》《宝玉獣 トパーズ・タイガー》らをメインに活かせれば大きいが、永続罠ゆえ遅さもあることは留意したい。

 (3)は自身を墓地へ送って宝玉獣特殊召喚する効果
 【宝玉獣】にとって永続罠のこのカードは邪魔になる機会も多いのだが、これにより宝玉獣を展開しつつ魔法&罠ゾーンを空けられる。
 また、そのターンダメージを半減できるため、戦闘破壊などにより相手ターン発動することで防御カードとしても機能する。

  • 「玲瓏」は「玉などが透きとおっているさま」、「明るく光り輝くさま」という意味。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《宝玉の玲瓏》 永続罠 宝玉

広告