夢現(ゆめうつつ)夢魔鏡(ゆめまきょう)/Dream Mirror Hypnagogia》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):「聖光の夢魔鏡」「闇黒の夢魔鏡」をそれぞれ1枚ずつ手札・デッキから選び、
その内の1枚を自分のフィールドゾーンに、もう1枚を相手のフィールドゾーンにそれぞれ表側表示で置く。

 WORLD PREMIERE PACK 2020で登場する通常罠
 《聖光の夢魔鏡》《闇黒の夢魔鏡》を1枚ずつ自分相手フィールドゾーンに置く効果を持つ。

 夢魔鏡専用の《盆回し》のような効果である。
 あちらと違い表側表示で置くので、《魔封じの芳香》等に阻害されず、自分側のフィールド魔法効果は即座に適用できる。
 基本的には、耐性を得られる《聖光の夢魔鏡》の方を自分フィールドに置いておきたい。

 送りつけた方の効果自分では使用できないが、夢魔鏡カードの「フィールドゾーン《聖光の夢魔鏡》《闇黒の夢魔鏡》が存在している場合」という条件を満たすことはできる。
 これによりフィールド魔法を張り替えずとも光属性闇属性両方の夢魔鏡モンスター効果を使用でき、《夢幻の夢魔鏡》等も両方の効果適用できる。
 特に《混沌の夢魔鏡》《夢魔鏡の夢占い》を使用する場合は、対応範囲を広げるためにぜひ併用したい。
 ただし、送りつけフィールド魔法は通常の魔法・罠除去だけでなくフィールド魔法の張り替えでも除去されるので、デッキ回転をこのカードに頼りすぎるのは禁物である。

  • 「Hypnagogia(ヒプナゴジア、ヒプナゴギアとも)」は、眠りに落ちる直前に見る幻覚の事である。

関連カード

イラスト関連

―類似効果

収録パック等


Tag: 《夢現の夢魔鏡》 通常罠 夢魔鏡

広告