竜輝巧(ドライトロン)−バンα(アルファ)

特殊召喚・効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻2000/守   0
このカードは通常召喚できず、「ドライトロン」カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・フィールドから、このカード以外の「ドライトロン」モンスター
または儀式モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札・墓地から守備表示で特殊召喚する。
その後、デッキから儀式モンスター1体を手札に加える事ができる。
この効果を発動するターン、自分は通常召喚できないモンスターしか特殊召喚できない。

 デッキビルドパック ジェネシス・インパクターズで登場した光属性機械族特殊召喚モンスター
 通常召喚できず、ドライトロンカードの効果でのみ特殊召喚できる召喚制限手札フィールドから、このカード以外のドライトロンモンスターまたは儀式モンスター1体をリリースして、手札墓地からこのカード守備表示特殊召喚し、儀式モンスターサーチする起動効果を持つ。

 下級ドライトロンモンスターの共通効果として、コストとして手札フィールドドライトロンモンスターまたは儀式モンスターリリースして自己特殊召喚できる。
 コストによる消費は激しいものの、ドライトロンモンスター墓地からも同様の効果蘇生できるため、この効果リリースしてもディスアドバンテージになりにくい。
 儀式モンスターリリースする場合も、儀式魔法として《流星輝巧群》を使用するなら、墓地から儀式召喚できるため、同じくディスアドバンテージになりにくい。
 《サイバー・エンジェル−弁天−》などリリースによって効果発動できるものならなおよい。
 【メガリス】など墓地儀式モンスターを集めることに意味のあるデッキなら墓地肥やしとして利用するのもよい。

 このカードの場合、さらに特殊召喚しつつ儀式モンスターサーチできる。
 【儀式召喚】全般で使える汎用的なサーチ効果である。
 また儀式モンスタードライトロンにとってはコストの補充にもなる。
 特に《サイバー・エンジェル−弁天−》リリースすれば同名カードサーチできるため、後続を一気に展開できる。
 《サイバー・エンジェル−弁天−》以外でも、このカードの効果リリースしたドライトロンをその儀式モンスターコスト特殊召喚すれば2体のドライトロンが並ぶことになる。
 もう1体が《竜輝巧−エルγ》ならあちらの効果でさらに1体ドライトロンを並べられ、《竜輝巧−アルζ》なら後述するように、そこから任意の儀式モンスター儀式召喚に繋げられる。

 この効果発動するターン特殊召喚モンスター以外特殊召喚できなくなる。
 誓約効果であるため、発動前の展開も不可であり、魔神儀などとは非常に相性が悪い。
 ただし特殊召喚モンスター以外の通常召喚は可能なので、《マンジュ・ゴッド》などとの併用は可能である。
 エクストラデッキモンスターは全て特殊召喚モンスターに該当するため制約にはかからない。
 《リンクリボー》《サクリファイス・アニマ》リンク召喚して自己再生し、さらなるリンク召喚を狙うことも可能。

関連カード

―《竜輝巧−バンα》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《竜輝巧−バンα》の効果発動し、「この効果を発動するターン、自分は通常召喚できないモンスターしか特殊召喚できない」効果適用されているターンに、《モンスターゲート》《名推理》発動できますか。
  また、《モンスターゲート》《名推理》によってモンスター特殊召喚したターンに、《竜輝巧−バンα》の効果発動できますか。
A:《名推理》《モンスターゲート》効果では、通常召喚可能なモンスターのみ特殊召喚できます。
  一方で、《竜輝巧−バンα》の効果発動したターンには、通常召喚できないモンスターのみ特殊召喚できます。
  また、通常召喚可能なモンスター特殊召喚したターンには、《竜輝巧−バンα》の効果発動できません。
  《竜輝巧−バンα》の効果発動したターンには《名推理》《モンスターゲート》特殊召喚できるモンスターは存在しなくなりますので、これらのカード発動することはできません。
  また、《名推理》《モンスターゲート》効果通常召喚可能なモンスター特殊召喚したターンには、《竜輝巧−バンα》の効果発動できません。
  《名推理》《モンスターゲート》効果モンスター特殊召喚できなかったターンには、《竜輝巧−バンα》の効果発動できます。(20/09/27)


Tag: 《竜輝巧−バンα》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星1 光属性 機械族 攻2000 守0 正規の方法以外での特殊召喚不可 ドライトロン

広告