龍狸燈(ドラクーン・ランプ)/Dracoon Lamp》

効果モンスター
星4/炎属性/幻竜族/攻 500/守2000
(1):1ターンに1度、手札から幻竜族モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードの守備力はターン終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):攻撃表示のこのカードが攻撃表示モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
その戦闘ではお互いのモンスターの守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。

 RISE OF THE DUELISTで登場した炎属性幻竜族下級モンスター
 幻竜族捨てることで自己強化する誘発即時効果ダメージ計算時お互い守備力攻撃力として扱い戦闘を行う誘発即時効果を持つ。

 (1)は守備力を上昇させる効果
 手札コストとして幻竜族を要求されるため、それらが用意できるデッキ発動を狙うことになる。
 フリーチェーン発動でき、(2)と合わせて攻撃力3000のモンスターとして扱える。
 (2)は発動できなくなるが、セット状態からダメージ計算前発動して反射ダメージを狙うのも面白い。

 (2)は戦闘を行う場合にお互い守備力攻撃力として扱う効果
 超重武者などと異なり、攻撃表示でしか発動できず、相手守備力攻撃力として扱う。
 擬似的ではあるものの攻撃力2000の下級モンスターとして扱え、上述の通り(1)の効果と組み合わせれば攻撃力3000として使うことができる。
 また相手守備力攻撃力として計算するため、《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》のように極端に守備力が低いモンスターであれば大きな戦闘ダメージを期待できる。

 だが、守備力を持たないリンクモンスターとの戦闘では発動できないのが大きな弱点であり、低い攻撃力を晒して大ダメージを受けかねない。
 超重武者などの守備表示のまま攻撃してくるモンスターや、《ジェムナイト・マディラ》などの効果の発動を封じるモンスターにも無力である。

 大型モンスターを処理できる通常召喚可能な下級幻竜族という点で《ナイト・ドラゴリッチ》《イルミラージュ》と共通しており、いずれもリンクモンスターに対しては無力である点も同じである。
 このカードはそれらと比較すると、自分の他のモンスターに影響を与えることがないメリットがある。
 ただし2体の効果永続効果であるため《超魔導竜騎士−ドラグーン・オブ・レッドアイズ》のようなパーミッション効果持ちに対応できるのに対して、このカードはどちらも誘発即時効果であり、それらのメタとしては不十分である。
 それぞれ対応範囲が異なるため、仮想敵や自身のデッキ構成に合わせて選択すると良い。

収録パック等


Tag: 《龍狸燈》 モンスター 効果モンスター 星4 炎属性 幻竜族 攻500 守2000

広告