憑依覚醒(ひょういかくせい)−ラセンリュウ/Awakening of the Possessed - Rasenryu》

効果モンスター
星5/風属性/ドラゴン族/攻2000/守 200
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分フィールドの表側表示の、
魔法使い族モンスター1体とレベル4以下の風属性モンスター1体を墓地へ送り、
手札・デッキから特殊召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚に成功した時に発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで持ち主の手札に戻す。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「風霊術」カードまたは「憑依」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 PHANTOM RAGEで登場した風属性ドラゴン族上級モンスター
 魔法使い族下級風属性墓地へ送る事で手札デッキより特殊召喚できる召喚ルール効果、この方法で特殊召喚に成功した時に相手フィールドのカード1枚をバウンスする誘発効果フィールドから墓地へ送られた場合に風霊術憑依サーチできる誘発効果を持つ。

 (1)は手札デッキより自身を特殊召喚する効果
 基本的な特殊召喚方法は《憑依装着−ウィン》に準ずるが、こちらは魔法使い族全般が使える代わりに風属性下級モンスターに限定されている。
 このため、《風霊使いウィン》で奪ったレベル5以上のモンスターレベルを持たないモンスターは利用できない。

 【霊使い】では、魔法使い族が存在する場合に特殊召喚できる《ランリュウ》を用いるのが最も簡単に出す方法だろう。
 《蒼翠の風霊使いウィン》相手墓地風属性を利用する手もあるが、下級風属性汎用性の高いものが少ないため期待値は低い。
 【風属性】に汎用魔法使い族を、逆に【魔法使い族】に相性の良い風属性を採用する方法も良い。
 WWであればチューナー含めた風属性魔法使い族を容易に3体展開できるため、このカード特殊召喚してバウンスした後シンクロ召喚が可能。
 《WW−グラス・ベル》《憑依連携》に対応する点でも相性が良い。
 風属性魔法使い族下級モンスターを多数抱える【ネフティス】でも《風霊術−「雅」》と共に採用が検討できるか。
 LLレベル1の風属性を多数展開するため、《サクリファイス・アニマ》リンク召喚することで特殊召喚が可能。

 (2)は(1)で出した場合にのみ使える相手フィールドのカードバウンス効果
 カードの種類を問わず、対象もとらないバウンスなので除去性能で見た場合の汎用性は高い。
 霊使いと相性のよい壊獣送りつけた後、それをバウンスすることにも使える。

 (3)はフィールドから墓地へ送られた場合の風霊術憑依サーチ効果
 憑依カードサーチは他の憑依覚醒と共通であり、特に【霊使い】では非常に役立つだろう。
 風霊術は現在《風霊術−「雅」》のみ存在するが、【霊使い】における除去通常罠としては、蘇生も可能な《憑依連携》もあるため、状況により使い分けたい。
 【風属性】ではこのカードの(2)と合わせて2枚のバウンスが可能となるためデッキ除去力の底上げにつながる。

関連カード

イラスト関連

(1)のどちらの条件にも該当する風属性魔法使い族下級モンスター

収録パック等


Tag: 《憑依覚醒−ラセンリュウ》 効果モンスター モンスター 星5 風属性 ドラゴン族 攻2000 守200

広告