アダマシア/Adamancipator

 デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズカテゴリ化された「アダマシア」と名のついたカード群。
 属するモンスターは全て岩石族で統一されており、チューナー地属性、それ以外は炎属性風属性水属性で構成されている。

  • 公式サイト「遊戯王.jp」では「デッキを操作してさまざまな効果を発揮する、岩石族テーマ」と紹介されている。
    また、公式サイトの商品紹介ページの解説文では「奇石」と「奇跡」が太字となっており、同音であることを洒落としている模様。
    加えてチューナー効果を「デッキを鉱山に見立てて発掘するような効果」としており、このあたりは岩石族らしいといえるだろう。
  • デッキカードを上から墓地に送ったりドローしたりして枚数を減らす事」を俗に「デッキを掘り進める」という。
    この辺りがこのテーマのモデルかもしれない。
  • カテゴリ名は、ギリシア語で「征服しがたい」を意味する「アダマス/Adamas」と、同じくギリシア語で「不死・不滅」を意味する「アタナシア/Athanasia」が掛けてあると思われる。
    「Adamas」から「Adamantis」へ派生し、さらにそこから「ダイアモンド/Diamand」へと変化したため、ダイアモンドの語源となった言葉と言える。
    • アダマント/adamant」は、ダイヤモンドや宝石や金属など非常に堅固な物質を示すのに使われる語であり、日本語では「金剛」の和訳を当てることが多い。
  • 英語名は、上記の「adamant」に、「解放する者」を意味する「emancipator」を重ねていると思われる。

関連リンク

―「アダマシア」と名のついたモンスター
 ※は「アダマシア」に関する効果を持つモンスター

―「アダマシア」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「アダマシア」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―その他のリンク

広告