AD(エーディー)チェンジャー/A/D Changer》

効果モンスター
星1/光属性/戦士族/攻 100/守 100
自分のメインフェイズ時に、
墓地のこのカードをゲームから除外し、
フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの表示形式を変更する。

 DUELIST REVOLUTIONで登場した光属性戦士族下級モンスター
 墓地から自身を除外することでモンスター1体の表示形式を変更する起動効果を持つ。

 カード・アドバンテージを失うことなく、表示形式コントローラーを問わずほぼ全てのモンスターに対応するため、トリッキーな動きができるカードである。
 相手モンスター表示形式を変更することで戦闘破壊をしやすくしたり、召喚したターン《月の書》等によって裏側表示にされてしまったモンスターを即座にリバースしたりする事もできる。
 また、召喚したターンにすぐ表側守備表示にしたいディフォーマー《ドリーム・ピエロ》等のモンスターを補助できる。
 《ゴブリン突撃部隊》等の攻撃後に守備表示になるデメリット効果を持つモンスターを、再び攻撃表示にする事もできる。
 相手モンスター蘇生させてしまうことによるリスクを伴うが、《浅すぎた墓穴》と併用してみるのも面白い。
 強力なモンスターセットし、このカード発動すれば即効性のある蘇生戦術になる。
 加えて、表側攻撃表示にしたモンスターリバース効果はきちんと発動するため、《月の書》等と組み合わせれば《メタモルポット》《ニードルワーム》効果を1ターンに複数回発動する事も可能となる。
 《異次元からの埋葬》で使い回す等の工夫を凝らせば、先攻ターン目からのデッキ破壊1キルすら可能である。(→【デッキ破壊1キル】

 墓地肥やしが得意なライトロードとは相性が良い。
 戦闘補助として使えるだけでなく、《ライトロード・マジシャン ライラ》効果を複数回使用できるようになるので非常に便利。
 《ライトロード・ハンター ライコウ》を即座にリバースさせてリバース効果発動することも可能である。
 また、相手モンスター守備表示にすることで、《ライトロード・モンク エイリン》によりデッキへのバウンスを狙える。
 【ギャラクシー】では《銀河騎士》《銀河遠征》表側守備表示特殊召喚した《銀河眼の光子竜》を即座に攻撃に参加させることができるので相性がいい。
 光属性なので、《銀河戦士》特殊召喚コスト墓地へ送ることができる。

 このように様々な動きが可能であるため、能動的な墓地肥やしや、このカードモンスターとしても活用できるギミックを仕込んだデッキならば、《エネミーコントローラー》より優先してデッキに投入される事もあるだろう。

  • カード名の「AD」とは「Attack Position」と「Defence Position」の略称と推測される。
    また、「AD変換」というアナログ信号をデジタル信号に変換することを意味する言葉があり、これのもじりだと思われる。
    なお、「AD変換」を行う回路は「A/Dコンバータ」と呼ばれ、このカード名の「チェンジャー」は『交換』の意味である。
  • アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vs神宮寺」戦で神宮寺が使用した罠カード《抜き打ち検査》のイラストに描かれている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?相手ターン発動することはできますか?
A:起動効果です。よって相手ターンには発動できません。(10/04/17)

Q:自分バトルステップダメージステップ発動することはできますか?
A:できません。(10/04/17)

Q:裏側守備表示モンスターを選択できますか? できる場合、表示形式はどうなりますか?
A:選択できます。その場合、表側攻撃表示になります。(10/04/17)

Q:裏側攻撃表示モンスターを選択できますか? できる場合、表示形式はどうなりますか?
A:選択できます。その場合は、裏側守備表示に変更されます。(10/06/06)

Q:裏側表示モンスターを選択した場合、リバース効果発動しますか?
A:発動します。(10/04/19)

広告