速攻(そっこう)のかかし/Swift Scarecrow》

効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻   0/守   0
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に
このカードを手札から捨てて発動できる。
その攻撃を無効にし、その後バトルフェイズを終了する。 

 STARSTRIKE BLASTで登場した地属性機械族下級モンスター
 直接攻撃されたときに自身を手札から捨てることでバトルフェイズを終了する誘発即時効果を持つ。

 類似効果を持つ《バトルフェーダー》が存在するが、《バトルフェーダー》バトルフェイズの終了と同時にフィールド上に残るので、ボード・アドバンテージも得られる点で勝る。
 こちらはモンスター効果の発動特殊召喚を伴わないので《神の警告》などに妨害されない点と、フィールド上にモンスターを残さないので《サイバー・ドラゴン》などの特殊召喚を阻害しない点で勝る。
 バトルフェイズを強制終了すると共にフィールドに残らないことから《拮抗勝負》手札からの発動条件の邪魔にならず、相性が良い。

 《バトルフェーダー》とのもう1つの違いは、効果発動後に除外されずに墓地へ送られる点。
 《ドリル・ウォリアー》などでサルベージする事で効果の複数回発動が狙え、《ジャンク・シンクロン》などで蘇生できる。
 特に《カメンレオン》蘇生した場合、シンクロ素材縛りがある《ナチュル・ビースト》シンクロ召喚が可能。

 ただし、このカード《バトルフェーダー》と異なり、まず「攻撃無効にし」、その後バトルフェイズを終了する処理になる。
 そのため、効果解決時直接攻撃したモンスターフィールド上を離れていたり、表側攻撃表示以外の表示形式になっていた場合や、モンスター効果を受けないモンスターである場合は攻撃無効にできず、バトルフェイズも終了できない。

 このカード機械族であり、効果発動することで墓地へ送られるため、《キメラテック・オーバー・ドラゴン》《オーバーロード・フュージョン》融合召喚する際の融合素材として使いやすい。
 状況によってはこのカードセットし、相手《サイバー・ドラゴン》機械族モンスター《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》融合素材としても良い。
 また捨てることによって発動する効果だが、墓地へ捨てる必要がないため、《次元の裂け目》などの影響下でも問題なく発動できる。

  • 「速攻」というカード名の割に完全に守備的な効果だが、アニメ5D's公式サイトのデュエルワンポイントレッスンによれば、《くず鉄のかかし》と比べてセットする必要がないという点で“速攻”ということらしい。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは第11弾からEXステージの遊星が使用。
    攻撃時には後ろのブースターを吹かして突進し、木の棒で殴りつけるという攻撃力0に関わらず凝ったモーションが用意されている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発即時効果です。(12/05/31)

Q:攻撃無効にする効果直接攻撃した相手攻撃モンスター1体を対象にとりますか
A:いいえ、対象をとりません。(17/05/21)

Q:相手攻撃宣言時、《サイクロン》発動しました。
  これにチェーンしてこのカード発動できますか?
A:はい、できます。(11/09/10)

Q:相手攻撃宣言時、相手《サイクロン》発動する前に自分はこのカード発動できますか?
A:ターンプレイヤーから《サイクロン》発動する事ができる為、自分の《速攻のかかし》を先に発動する事はできません。(12/05/12)

Q:《速攻のかかし》の効果を同一チェーン上で2枚発動することは可能ですか?
A:発動できます。(12/06/14)

Q:《毒蛇神ヴェノミナーガ》直接攻撃に対して使えますか?
  使える場合、攻撃を止められますか?
A:発動はできますが、攻撃無効にならず、バトルフェイズも終了しません。(11/09/03)

Q:《星態龍》直接攻撃宣言時にこのカード発動できますか?
A:発動はできますが、攻撃無効にならず、バトルフェイズも終了しません。(13/05/04)

Q:相手の《速攻のかかし》にチェーンして《月の書》発動し、攻撃モンスター裏側守備表示にしました。
  バトルフェイズは終了しますか?
A:《速攻のかかし》の効果適用されず、バトルフェイズは終了しません。(13/03/27)


Tag: 《速攻のかかし》 効果モンスター モンスター 星1 地属性 機械族 攻0 守0

広告