覇王眷竜(はおうけんりゅう)スターヴ・ヴェノム》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
闇属性Pモンスター×2
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードをリリースした場合に
EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):1ターンに1度、このカード以外の
自分または相手のフィールド・墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
エンドフェイズまで、このカードはそのモンスターと同じ、
元々のカード名・効果を得る。
このターン、自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

 CODE OF THE DUELISTで登場した闇属性ドラゴン族融合モンスター
 自分フィールド融合素材リリースしてエクストラデッキから特殊召喚できる効果外テキスト自分相手フィールド墓地モンスターカード名効果をコピーし、自分モンスター貫通能力を付与する起動効果を持つ。

 《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》と同様、融合素材となるセットをリリースすることで特殊召喚が可能。
 《レスキューラビット》《竜魔王ベクターP》2体、または《レスキューキャット》《ヨコシマウマ》2体をリクルートすれば即座に出せる。
 【DD】【魔界劇団】等の闇属性ペンデュラムモンスターが多いデッキでも無理なく採用できる。
 【魔術師】でも《調弦の魔術師》モンスター効果を使う事でフィールド融合素材を並べられる。

 《融合》を必要としない分消費枚数は勝るが、融合召喚ではないことから、《EMユーゴーレム》ペンデュラム効果は使えない。
 フィールドからリリースしたペンデュラムモンスターエクストラデッキに行くため、リンク先を確保すれば次のターンペンデュラム召喚から特殊召喚に繋がる。
 融合素材闇属性ペンデュラムモンスターであり、《ペンデュラム・フュージョン》ペンデュラムゾーンカードを利用することもできる。
 《オッドアイズ・フュージョン》エクストラデッキ《覇王紫竜オッドアイズ・ヴェノム・ドラゴン》などを融合素材にして効果をコピーしても良い。
 《轟雷帝ザボルグ》効果をコピーしたいエクストラデッキモンスターと共にそれらを落とし、《龍の鏡》融合召喚する手もある。

 起動効果エンドフェイズまでのカード名効果の複製と貫通能力の付与。
 コピー対象はお互いフィールド及び墓地と非常に広く、種族属性等の制限も無いため、使い道は幅広い。
 また、特に効果を活用できるカードがなくてもとりあえず発動しておけば、全体に貫通能力を付与できる。
 お互いフィールド墓地モンスターカードが一切ない場合は貫通能力の付与もできないが、そうした状況は少ない上に貫通能力自体の必要が薄い場面なので、気にする必要もないだろう。

  • 「元々のカード名(・効果)を得る」というテキストは初である。
    名前をコピーした場合、「コピー先かつ《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》として扱う」のではなく「コピー先としてのみ扱う」となるので、コピー先によっては「覇王眷竜」「スターヴ・ヴェノム」の名を失うので注意。
  • アニメ版ではカード名が《覇王眷竜スターヴヴェノム》であり、テキストは以下の通り。
    融合・効果モンスター
    星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
    闇属性モンスター×2
    (1):自分フィールドに「覇王龍ズァーク」が存在し、相手フィールドに融合モンスターが融合召喚された場合、
    このカードは自分フィールドの「覇王眷竜」モンスター2体をリリースして
    エクストラデッキから特殊召喚できる(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)。
    (2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
    相手はこのカード以外の融合モンスターを攻撃対象にできない。
    (3):自分のメインフェイズまたはバトルフェイズに1度、
    自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
    ターン終了時まで、そのモンスターの効果は無効化され、このカードはその対象のモンスターの効果を得る。
    (4):自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
    その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
    (5):このカードをエクストラデッキに戻して発動できる。
    エクストラデッキから「覇王眷竜」Pモンスター2体を特殊召喚し、
    相手フィールドの全ての融合モンスターの攻撃力を0にする。
    この効果は相手ターンでも発動できる。
    OCG化に伴い、カード名に中点が追加されたことでスターヴ・ヴェノムに属するようになった。
    また、(3)と(4)の効果が統一され、(2)・(5)の効果は完全削除、(1)の効果も自身の特殊召喚方法に面影を残しつつ削除されている。
    他の覇王眷竜と同じく全体的には弱体化されているのだが、融合カードなしで能動的に呼び出せるようになったため、出しやすさという点では覇王眷竜で唯一強化されているとも言える。
  • 四天の龍の亜種である4体の覇王眷竜では唯一自身の(1)の効果特殊召喚されておらず、召喚口上も無い。
    また、5つの効果のうち作中で使われた効果は(3)と(4)の2つだけであり、登場時間も最も短かったなど、他の3体に比べてやや不遇な扱いであった。

関連カード

―名前関連

―類似召喚条件

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》の名前と効果を得た状態のこのモンスターは《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》としても扱いますか?
A:いいえ、《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》としてのみ扱います。(17/04/15)

Q:『元々のカード名効果を得る』と書かれていますが、この効果《ブラック・マジシャン》カード名を得ている場合、《ブラック・マジシャン・ガール》も存在していれば《黒・爆・裂・破・魔・導》発動できますか?
A:発動できません。(17/05/26)


Tag: 《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻2800 守2000 覇王眷竜 スターヴ・ヴェノム ヴェノム 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告