暴風竜(ぼうふうりゅう)防人(さきもり)/Rider of the Storm Winds》

チューナー(効果モンスター)
星1/光属性/ドラゴン族/攻 500/守 200
自分のメインフェイズ時、
手札または自分フィールド上のこのモンスターを、
装備カード扱いとして自分フィールド上の
ドラゴン族の通常モンスター1体に装備できる。
このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、
装備モンスターが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
また、このカードの装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。

 ストラクチャーデッキ−青眼龍轟臨−で登場した光属性ドラゴン族下級モンスターチューナー
 自身をドラゴン族通常モンスターに装備する起動効果と、その効果で装備したモンスター貫通を付与する効果破壊の身代わりになる効果を持つ。

 《青眼の白龍》に装備できればかなり強力ではあるが、貫通が欲しいだけなら複数に付与可能な《竜の逆鱗》があり、装備魔法にも種族を問わない《メテオ・ストライク》が存在する。
 このカードの場合は効果モンスターに使えないため、2回攻撃持ちとの併用もできない。
 破壊耐性を付与する効果もあるが、破壊以外の除去手段は多く、タイミングの都合上《奈落の落とし穴》なども回避できず万能ではない。

 装備効果はあくまでオマケと考えて、基本的にはドラゴン族チューナーとしての使用がメインとなるだろう。
 《蒼眼の銀龍》なら通常モンスタードラゴン族を組み込むことになるため相性がいい。
 聖刻ならば、リクルートしたモンスターシンクロ召喚したり、蘇生した通常モンスター装備カードとすることも可能。
 《仮面竜》《ドレッド・ドラゴン》《調和の宝札》に対応するのでフィールドに並べるのも難しくはない。

  • 防人(さきもり)」とは、古代に実施されていた徴兵制度及びそれに従事している人の事を指す。
    日本では特に、飛鳥時代から平安時代にかけて九州で大陸からの侵略に備え配置されていた件に当たる。
  • エジプト神話では暴風、すなわち嵐を司ると同時に、ラーの乗るの守護者として崇められる神にセトが存在する。
    奇しくもこのカードとも関わり深い、《青眼の白龍》を扱うキャラクターの名前もまたセトである。
    イラストからは関連性が全く見られないが、同時に収録していることを考えれば、意識してデザインしたのは間違いないだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:装備カードになる効果起動効果になります。(13/06/15)

Q:装備カードになる効果ドラゴン族通常モンスター1体を対象にとりますか?
A:はい、対象をとります。(13/06/15)

Q:装備カードになる効果処理時に対象に選択したモンスター自分フィールド上に表側表示で存在しなくなり装備カードにできない場合、効果発動した手札フィールド上に存在するこのカード墓地へ送られますか?
A:はい、墓地へ送られます。(13/06/15)

Q:このカード以外の効果によって装備カードとなっている時、貫通及び身代わり効果適用されますか?
A:はい、できます。(13/06/15)

Q:再度召喚されていないデュアルモンスターに対して、このカードを自身の効果で装備しました。
  デュアルモンスター再度召喚された時、対象が不適切となり破壊されますか?
A:いいえ、再度召喚を行っても《暴風竜の防人》はそのまま装備カードとしてフィールドに残ります。(13/06/16)

Q:このカードが自身の効果装備カードになり、その装備モンスタードラゴン族以外の種族になった場合、このカード対象が不適切となり破壊されますか?
A:破壊されずに装備されたままとなり、効果適用されたままとなります。(13/08/11)

Q:このカードを装備している自分モンスター相手コントロールしている時に、相手がそのモンスター自分守備表示モンスター攻撃した場合、このカードの効果貫通ダメージを受けるプレイヤーはどちらになりますか?
A:その場合、このカードコントロールしているプレイヤーから見て相手が受けます。(13/06/24)

広告