六武(ろくぶ)(もん)/Gateway of the Six》

永続魔法
(1):「六武衆」モンスターが召喚・特殊召喚される度に
このカードに武士道カウンターを2つ置く。
(2):自分フィールドの武士道カウンターを以下の数だけ取り除き、その効果を発動できる。
●2つ:フィールドの「六武衆」効果モンスターまたは「紫炎」効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで500アップする。
●4つ:自分のデッキ・墓地から「六武衆」モンスター1体を選んで手札に加える。
●6つ:自分の墓地の「紫炎」効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 EXTRA PACK Volume 3で登場した永続魔法
 六武衆召喚特殊召喚される度に武士道カウンターが乗り、それを取り除く事で3種類の効果発動する。

 武士道カウンターを2つ取り除いた時の効果は、1ターン限定の強化効果
 上昇値はさほど多くなく、六武衆の主な強化手段には《一族の結束》がある。
 エンドフェイズまでしか上がらないのでどうしても排除したいモンスターがいる場合や、止めを刺すときに使うことになるだろう。
 一応発動回数に制限はないため、単体を一気に強化するという使い方もできる。
 なお、強化できるのは六武衆紫炎と名のついた効果モンスターであり、通常モンスター強化できない。

 4つ取り除いた時の効果六武衆限定のサーチサルベージ効果
 この効果を主に運用することになるだろう。
 特に手札から特殊召喚できる《六武衆の師範》等とのシナジーは凄まじく、連鎖的にサーチ特殊召喚を行える。
 《増援》制限カードの今では貴重なサーチ手段であり、モンスターの展開が重要な六武衆においてアドバンテージの塊と化す。

 6つ取り除いた時の効果は「紫炎」を蘇生させる効果
 墓地に落ちた《大将軍 紫炎》蘇生させて反撃の狼煙としたいところである。
 チューナーである《紫炎の寄子》蘇生させ、シンクロ召喚に繋げる事もできる。
 なお、《紫炎の老中 エニシ》召喚制限があり、また《真六武衆−シエン》は「紫炎」と名のついたモンスターではないため特殊召喚できないので注意。

  • イラストに出ている紋章の光っている部分は、海外版のほうが日本語版と比べて若干色が暗い。

関連カード

―《六武の門》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:六武衆と名のついたモンスターが同時に2体以上特殊召喚された場合、カウンターはいくつ乗りますか?
A:2つだけ乗ります。(10/10/28)

Q:このカードが2枚以上ある時、六武衆と名のついたモンスター召喚した場合、それぞれにカウンターが乗りますか?
A:はい、乗ります。(10/10/28)

Q:このカードカウンターが乗っている時、《マジック・キャンセラー》召喚された場合、乗っていたカウンターは全て取り除かれますか?
A:はい、全て取り除かれます。(13/04/08)

(2)の攻撃力を上げる効果について

Q:このカードフィールドから離れた場合、この効果適用されなくなりますか?
A:いいえ、攻撃力エンドフェイズまで上がったままとなります。(10/09/19)

Q:同一モンスターに対し同一ターンで複数回使用することはできますか?
A:はい、武士道カウンターの数が足りているならできます。(10/10/20)


Tag: 《六武の門》 魔法 永続魔法

広告