《「(エー)細胞組(さいぼうく)()装置(そうち)/"A" Cell Recombination Device》

速攻魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
デッキから「エーリアン」モンスター1体を墓地へ送り、
墓地へ送ったモンスターのレベルの数だけ、対象のモンスターにAカウンターを置く。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「エーリアン」モンスター1体を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した速攻魔法
 デッキから墓地へ送ったエーリアンレベルと同じ数のAカウンターモンスター1体に置く効果墓地から除外してエーリアン1体をサーチする効果を持つ。

 (1)の効果エーリアン専用の《おろかな埋葬》と言えるもので、さらに墓地へ送ったエーリアンレベル分のAカウンター(現時点では最大6個)を置くことができる。
 ただしフィールド効果対象に選択可能な表側表示モンスターが存在することを発動条件としているため、状況次第ではこの発動条件が大きなデメリットになり得る。
 とはいえ自分モンスターも選択可能で、「墓地発動の(2)の効果を持つ速攻魔法」という性質上、ブラフチェーン発動でも使っていけるため、完全に腐る事は稀である。

 Aカウンター置く効果《「A」細胞散布爆弾》並の物量を稼げるが、あちらのように複数のモンスターAカウンターを割り振ることはできない。
 また、この効果チェーンして選択した自分または相手モンスターサクリファイス・エスケープされると、Aカウンター置く効果不発になってしまう。
 それでもAカウンター置く効果を持つカードとしては、(2)の追加効果も含め従来のものを遥かに凌ぐ性能と言えるだろう。

 (2)は墓地のこのカード除外して発動するエーリアンサーチ効果で、手札を稼ぎ難い【エーリアン】手札を減らさずに使える、サーチを妨害されにくいという強みがある。
 1ターンのタイムラグこそあるが、レベルエーリアン墓地落とし《エーリアンモナイト》サーチにより《宇宙砦ゴルガー》シンクロ召喚するための準備を1枚でこなせる。
 《エーリアンモナイト》以外の有力なサーチ候補としては、(1)で稼いだAカウンターを利用して自身を特殊召喚できる《エーリアン・リベンジャー》が挙げられる。
 (1)の効果だけでもエーリアンサポートカードとしては十分だが、(1)の効果発動不能な場面もある性質上、状況によっては直接墓地へ送ることも考えておきたい。

 基本的には上記の手順で《宇宙砦ゴルガー》シンクロ召喚し、その除去効果コストに(1)の効果で稼いだAカウンターを使用する運用が主になるだろう。
 また、「Aカウンター置く速攻魔法」ということで、同じフリーチェーン除去ができる《トライアングル・エリア》や、《洗脳光線》《亜空間ジャンプ装置》などのサポートカードとしても扱える。
 《古代遺跡コードA》とは特に相性がよく、(1)で墓地へ送ったエーリアンと稼いだAカウンターを利用することで、墓地を経由してそのエーリアンを実質的にデッキから特殊召喚することができる。
 《光の霊堂》下なら召喚権が余るため、相手モンスター対象に(1)の効果《エーリアン・ヒュプノ》落として《エーリアンモナイト》蘇生再度召喚することでコントロール奪取も狙える。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《「A」細胞組み換え装置》 魔法 速攻魔法

広告