A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス) (ディー).(ディー).チェッカー/Ally of Justice Quarantine》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1700/守1200
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いに光属性モンスターを特殊召喚できない。

 DUEL TERMINAL −疾風のドラグニティ!!−で登場した闇属性機械族下級モンスター
 お互いプレイヤーに対して、光属性モンスター特殊召喚を抑止する永続効果を持つ。

 光属性モンスター特殊召喚を封じる効果により、それを多用するデッキに強い。
 特にエクシーズモンスター汎用性の高いエクシーズモンスターばかりであり、それらに特化したデッキ相手は機能不全に追い込む事もできる。
 他にも汎用性が高く、多くのデッキに採用されている《フォトン・スラッシャー》等の特殊召喚を抑止でき、【機械族】ならば《サイバー・ドラゴン》およびその融合体への対策にもなる。

 しかし、その他の属性に対しては何の抑止力にもならず、ステータスもそこまで高くはないため、適当なアタッカー戦闘破壊された後に光属性を出される可能性がある。
 また特殊召喚のみしか防げないので、《ライオウ》等を始めとした通常召喚された光属性アタッカー戦闘破壊されることもある。
 光属性モンスター《オネスト》強化できる為、低ステータス光属性モンスターであっても戦闘破壊される可能性がある。
 戦闘面で不安を感じるのであれば、罠カード等で守ればフィールドに維持しやすい。

 特殊召喚封じの中では打点がやや高く、属性種族にも恵まれているため、【テラナイト】を初めとする光属性特殊召喚を多用するデッキメタとしてサイドデッキに投入しておけば活躍できる。
 《コアキメイル・ドラゴ》の方が攻撃力が高いが、あちらにはドラゴン族が多めのデッキでないと維持しにくく、闇属性も封じてしまう事や属性種族によるサポートによる違いがあるため住み分けが出来ている。
 《ブラック・ボンバー》蘇生対象《ギアギガント X》サーチもでき、【カラクリ】【ガジェット】等では機械族サポートも共有できる。

 【A・O・J】では《DNA移植手術》に対応しないが、ステータスが貧弱なものが多い下級の中では最大の元々の攻撃力を持つ。
 効果を活かせる場面は多くないが、他のA・O・Jと比べればまず腐る事のないカードであるため、優先的に採用したい。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINAL召喚すると、6体のD.D.チェッカーが分離し正八面体を作る演出がなされる。
    攻撃の際は正八面体を作るのを一旦止め、6体で円形の方陣を作りそれぞれが白いビームを発射する。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:永続効果です。(09/08/04)

Q:フィールド上にこのカードと光属性宣言した《DNA移植手術》があります。
 この時、光属性以外のモンスター特殊召喚できますか?
A:はい、可能です。(12/05/11)


Tag: 《A・O・J D.D.チェッカー》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 機械族 攻1700 守1200 A・O・J

広告