A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス) サンダー・アーマー/Ally of Justice Thunder Armor》

効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻2700/守2200
このカードは特殊召喚できない。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上の「A・O・J」と名のついた
モンスターが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

 DUEL TERMINAL −反撃のジャスティス!!−で登場した闇属性機械族最上級モンスター
 A・O・Jの1体であり、A・O・J貫通効果を付与する永続効果を持つ。

 特殊召喚不可能な最上級モンスターであり非常に重い
 加えて【A・O・J】は展開力に長けておらず、貫通効果の全体付与を利点とするならば数ターンにわたる維持は必須。
 《A・O・J アンリミッター》《リミッター解除》を使い、単体で1ターンキル特化を目指す方法もあるが、自身の安定性に難がある。
 何より単体であれば《EMラクダウン》などで十分であるのも厳しい。

 また、A・O・Jは全体的に打点が低く、相性が良いモンスターのほとんどが重いというジレンマを抱えている。
 そもそも相手守備表示モンスターを並べ続けることは優勢時以外は滅多にないため、いまいち恩恵も受けにくい。
 以上のことより【A・O・J】でも、その使い勝手の悪さから採用する事は難しい。

 あえて使うのであれば確実な召喚手段を確保しなくては話にならない。
 《死皇帝の陵墓》《帝王の烈旋》特殊召喚モンスターを使いリリースの軽減に努めたいところ。
 《雷帝家臣ミスラ》相手フィールド上に守備表示トークンを生成でき、《A・O・J コズミック・クローザー》特殊召喚もサポートする。
 《A・O・J コズミック・クローザー》を採用する場合、よりデッキ重くなるため《トレード・イン》も併用したい。
 闇属性機械族なので《終焉の焔》《先史遺産マヤン・マシーン》リリース要員にするのも良い。
 もしくは召喚は考えず、《ファントム・オブ・カオス》効果をコピーするのも手である。

  • コナミのゲーム作品において―
    WCSシリーズでは召喚時に演出が発生する。
    他に強力なカードや各テーマのエースカードにも演出が無いものが多い中、なぜこのカードに演出があるのかは不明。

関連カード

貫通効果を他のカードにも与えるカードについては こちらを参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《A・O・J サンダー・アーマー》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 機械族 攻2700 守2200 A・O・J 特殊召喚不可

広告