A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス) リサーチャー/Ally of Justice Searcher》

効果モンスター
星3/闇属性/機械族/攻1400/守 100
1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
相手フィールド上に裏側守備表示で存在するモンスター1体を選択して表側攻撃表示にする。
この時、リバース効果モンスターの効果は発動しない。

 ※テキスト中の「リバース効果モンスター」は「リバースモンスター」を指す。

 DUEL TERMINAL −反撃のジャスティス!!−で登場した闇属性機械族下級モンスター
 手札コストを払うことで、裏側守備表示モンスター表側攻撃表示に変更する起動効果を持つ。

 モンスター効果は、手札1枚を《太陽の書》に近い効果に変換する能力と言える。
 《太陽の書》とは、相手限定の効果である点とリバースモンスター効果を防げる点で異なる。

 しかし、《スノーマンイーター》等のリバースモンスター以外の「リバースした時に発動する効果」は妨害できないので、リバース対策としても完璧ではない。
 効果対策をするなら裏側守備表示のまま除去できる《抹殺の使徒》などを用いた方が良い。
 よって、表側攻撃表示を作れる点を活用する必要があるだろう。

 このカードを採用するならば、《抹殺の使徒》などにない利点を探したい。
 闇属性機械族で統一するタイプの【A・O・J】では、《群雄割拠》《御前試合》を採用できるため相手がやむなくセットしたモンスターをこの効果で狙い撃ちすれば、そのモンスター墓地へ送ることができる可能性が高まる。
 他にも相手に表側光属性モンスターが必要な《A・O・J コズミック・クローザー》特殊召喚の補助や《A・O・J サウザンド・アームズ》効果の補助を行え、戦闘ダメージに繋げられる。
 コストにしたモンスター蘇生も同時に行う事ができれば理想的だが上手くいくとは限らないため、上のようなカードと併用し1ターンキルを狙う場合なら候補に上がるか。

  • 「リサーチャー(Researcher)」とは、英語で「調査する人・研究者」という意味である。
    正体不明の裏側表示モンスターを調べるモンスターと考えれば、納得の名前である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:手札捨てるのはコストですか?
A:コストです。(08/09/24)

Q:対象をとりますか?
A:とります。(08/09/24)

Q:効果解決時対象に選択した裏側守備表示モンスターが他のカードの効果表側守備表示になった場合、そのモンスター表側攻撃表示になりますか?
A:いいえ、なりません。(12/06/03)


Tag: 《A・O・J リサーチャー》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 機械族 攻1400 守100 A・O・J

広告