BF(ブラックフェザー) (テイマー)漆黒(しっこく)のホーク・ジョー/Blackwing Tamer - Obsidian Hawk Joe》

シンクロ・効果モンスター
星7/闇属性/戦士族/攻2600/守2000
「BF」チューナー+チューナー以外の「BF」モンスター1体以上
「BF T−漆黒のホーク・ジョー」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地のレベル5以上の鳥獣族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが相手の効果の対象になった時、
または相手モンスターの攻撃対象になった時、
このカード以外の自分フィールドの「BF」モンスター1体を対象として発動できる。
その対象を正しい対象となるそのモンスターに移し替える。

 PREMIUM PACK 17で登場した闇属性戦士族シンクロモンスター
 レベル5以上の鳥獣族蘇生する起動効果、自身が攻撃効果対象となった時に他のBF対象を移し替える誘発即時効果を持つ。

 シンクロ素材は共にBFでなければならないため、【BF】専用となる。
 (1)の効果は、レベル5以上の鳥獣族蘇生する効果
 上級モンスターBF効果に癖があるため、シンクロモンスターを狙うのが基本となる。
 中でもシンクロ素材にしやすい《BF−星影のノートゥング》や同じレベル《A BF−驟雨のライキリ》が有力で、これらを繰り返し蘇生すれば着実にアドバンテージが取れる。
 風属性を併用しているのならば《ダーク・シムルグ》も候補に挙げられる。

 (2)は自身が攻撃効果対象となった時に、他のBF対象を移し替える効果
 自分BFにしか移せないため、結果的には自分モンスター戦闘破壊されたり、効果を受けることには変わらない。
 あくまでこのカードを維持するための効果であり、単体では活かせない。
 しかし(1)の効果とは噛み合っており、攻撃効果を受け破壊されたBF蘇生させることで再びこのカードを守ることができる。
 耐性を持つ《BF−アーマード・ウィング》蘇生させれば攻撃も回避しやすい。

 欠点を挙げるとすれば、鳥獣族ではないために《ゴッドバードアタック》などの種族サポートカードを他のBFと共有することができない。
 また、(1)の効果はあくまで蘇生なので、墓地蘇生対象となるモンスターがいないとアドバンテージを稼げない。
 同じレベルシンクロモンスターには《BF−アーマード・ウィング》《A BF−驟雨のライキリ》が存在しているため、序盤はそちらを優先してこちらは中盤の巻き返しに活かしたいところ。

  • テイマー(調教師)であるためか、他のBFと異なり鳥獣族ではない。
    また、「BFT」と一続きになっているのではなく、「BF」と「T」の間にスペースが空いている。
    宣言には問題ないが、検索をかける場合には注意したい。
    • 「ホーク=鷹」という事とテイマーである事を考慮すると、モチーフは鷹匠(たかじょう)か。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ相手効果の対象になった時に(2)の効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/12/20)

Q:(2)の効果処理時対象に選択したモンスターフィールドに存在しなくなったり、正しい対象であるモンスターでなくなって効果適用されなくなった場合、このカードが通常通りに効果を受けたり、戦闘がそのまま行われますか?
A:はい、そうなります。(14/12/20)

Q:このカード攻撃対象《星態龍》攻撃宣言した場合このカードの(2)の効果発動できますか?
A:発動できますが、《星態龍》カード効果を受けないため攻撃対象を変更する事はできません。(15/12/10)


Tag: 《BF T−漆黒のホーク・ジョー》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星7 闇属性 戦士族 攻2600 守2000 BF

広告