BF(ブラックフェザー)月影(げつえい)のカルート/Blackwing - Kalut the Moon Shadow》

効果モンスター
星3/闇属性/鳥獣族/攻1400/守1000
(1):自分の「BF」モンスターが戦闘を行う
ダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで1400アップする。

 RAGING BATTLEで登場した闇属性鳥獣族下級モンスター
 戦闘を行うBF攻撃力エンドフェイズまで強化する手札誘発誘発即時効果を持つ。

 その効果はまさにBF専用の《オネスト》
 ただし攻撃力の上昇値が固定されているため、必ず相手モンスター戦闘破壊できるわけではない。
 それでも《BF−極北のブリザード》《BF−疾風のゲイル》でさえ攻撃力が2700まで上昇するので十分活用できる。
 戦闘破壊を行うことでアドバンテージを得る《BF−蒼炎のシュラ》とは特に相性が良い。

 《黒い旋風》によるサーチ《ダーク・バースト》によるサルベージに対応しているため、手札に確保するのは容易。
 《オネスト》同様、このカードの存在をちらつかせる事で、相手攻撃の抑止力となる。
 自力でバウンスはできないものの、《BF−蒼炎のシュラ》《キラー・トマト》からリクルートした後に《強制脱出装置》《BF−精鋭のゼピュロス》等で手札に戻せば、《ライオウ》を回避して間接的にサーチする事も可能。
 《ゴッドバードアタック》コストになり、《黒い旋風》によって《BF−極北のブリザード》《BF−疾風のゲイル》サーチできるため、【BF】ならフィールドに出す機会は意外に多い。
 としては期待できないが、墓地へ送られた後も《BF−極北のブリザード》蘇生対象となり、その用途は幅広い。

 直接攻撃を行う場合でも効果を使用できるのは、《オネスト》にはない利点。
 また、相手モンスター攻撃力が1400未満の場合は、あちらよりも戦闘ダメージが期待できる。
 とりわけ、《BF−黒槍のブラスト》《BF−アームズ・ウィング》守備表示モンスター攻撃する際には有効に働くだろう。
 《トラゴエディア》《冥府の使者ゴーズ》を使う場合は、このカードの存在を気に留めておかないと、温存していたら使う前にライフを0にされたということもありえる。

  • 「カルート」とは「城砦」を意味するパシュトー語の「クァーラト(qalat/qal'at)」或いは「カーラト(kalat)」、または「要塞」を意味するアラビア語の「カラート(qal'at、厳密にはカルアト)」をもじった単語だと思われる。
    中国版では「月影的要塞」となっている。
  • 月影とは月光のこと。
    古い日本語において「かげ」という言葉は、今日の「影」の意味と「光」という意味の両方を持っていた。
    英語名はそのまま「Moon Shadow」となっており、字面は合っているが意味は変わってしまっている。
  • アクセラレーションガイド4では、このカードの「月影(げつえい)」のルビを、「月影(つきかげ)」と誤植している部分がある。
  • コナミのゲーム作品において―
    DSソフト「WORLD CHAMPIONSHIP2011」では、東日本大震災の影響でWi-fiダウンロードコンテンツの更新が停止していた時期があり、1日1種類のダウンロードカードが毎日このカードになっていたことがあった。

関連カード

手札から墓地へ送ってモンスター攻撃力を変動させるカード《オネスト》を参照

―《BF−月影のカルート》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手ターン中に発動できますか?
A:できます。(09/02/14)

Q:相手プレイヤー直接攻撃を行う場合も発動できますか?
A:はい、発動することができます。(09/03/02)

Q:《次元の裂け目》等が適用している時、このカードの効果発動することはできますか?
A:コストとして墓地へ送る事ができないため、発動することはできません。(09/02/16)

Q:このカードの効果は、対象をとらない効果ですか?
A:対象をとらない効果です。(09/02/18)

Q:同一の戦闘で2枚以上の《BF−月影のカルート》を発動する事はできますか?
A:はい、できます。発動した《BF−月影のカルート》の分だけ攻撃力が上昇します。(09/02/26)


Tag: 《BF−月影のカルート》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 鳥獣族 攻1400 守1000 BF

広告