BF(ブラックフェザー)疾風(しっぷう)のゲイル/Blackwing - Gale the Whirlwind》

チューナー(効果モンスター)(制限カード)
星3/闇属性/鳥獣族/攻1300/守 400
自分フィールド上に「BF−疾風のゲイル」以外の
「BF」と名のついたモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
1ターンに1度、相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択した相手モンスターの攻撃力・守備力を半分にする。

 CRIMSON CRISISで登場した闇属性鳥獣族下級モンスターチューナー
 自身を手札から特殊召喚できる召喚ルール効果と、相手モンスター攻撃力守備力を半減させ固定化する起動効果を持つ。
 特にこの固定化がかなりややこしいので、下記およびFAQ参照。

 自分フィールド上に「BF」と名のついたモンスターが存在すれば特殊召喚できるので、素早くシンクロ召喚に繋げられる。
 【BF】では《黒い旋風》によって手軽にサーチでき、《BF−月影のカルート》で返しのターン戦闘から守ることができる。

 また攻撃力守備力を半減する強力な効果のおかげで、【BF】以外でも様々なデッキに採用が検討できる。
 攻撃力2600未満のモンスターなら一方的に戦闘破壊でき、高守備力モンスターにも対処可能で、自分ターン中のみならチューナーとしての戦闘能力は《サイコ・コマンダー》をも凌ぐ。
 コストが無く、蘇生《シンクロキャンセル》を介すれば同ターンでも使い回せる手軽さに加え、この手の効果には珍しくエンドフェイズステータスが元に戻ることもないので、万が一攻撃を防がれても影響は少ない。

 このカードレベル攻撃力も主立ったロックをすり抜けられる数値であり、《奈落の落とし穴》にかからず《ダーク・バースト》サルベージが可能な点も踏まえると、使い捨てアタッカーとしても優秀な性能を持っていると言える。
 《ハーピィの狩場》《一族の結束》《ダークゾーン》などで補助すれば、大半の上級モンスター戦闘破壊できる驚異のアタッカーとなる。
 鳥獣族なので、いざとなったら《ゴッドバードアタック》リリースできるのも利点。

  • 「ゲイル(gale)」とは「強風・疾風」を指す英単語であるが、その中でも「ブリーズ(breeze)」よりは強く、「ストーム(storm)」よりは弱い風を指す。
    和訳すると「疾風の疾風」になるので、英語名では意味が通るように「Whirlwind(旋風)」と変更された。
  • デュエル以外でもクロウがロットンに投げつけ、彼の持っていた武器を叩き落とすために使われている。

関連カード

―特定カテゴリモンスターが存在する時に手札から特殊召喚できるカードについては、《六武衆の師範》を参照

―《BF−疾風のゲイル》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:攻撃力守備力を半分にするのは対象をとる効果ですか?
A:対象をとる効果です。(11/07/29)

Q:裏側表示モンスター対象に指定することはできますか?
A:攻撃力守備力が判明しないため、対象に指定することはできません。(08/12/10)

Q:自分フィールド上に《BF−疾風のゲイル》とそれ以外の「BF」と名のついたモンスターが存在する場合、このカード手札から特殊召喚する事はできますか?
  (《BF−疾風のゲイル》の存在が特殊召喚を妨げるかどうか)
A:はい、できます。(08/11/16)

Q:このカードの効果発動《光と闇の竜》無効にされました。
  同じターン中にもう1度このカードの効果発動できますか?
A:発動できません。(12/11/30)

半減効果についての基本的な内容

Q:攻撃力守備力を半分にする効果ターン終了後も、複数ターン継続しますか?
A:はい、継続します。(11/07/29)

Q:攻撃力守備力を半分にする効果は重複しますか?
  (ターンをまたいで重ねがけできるかどうか)
A:はい、重複します。(08/11/16)

Q:攻撃力守備力がともに0のモンスター(例:《トラゴエディア》)に対して、効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/07/31)
(また、《トラゴエディア》攻撃力は、手札が変化した場合でも自身の効果でアップしません。)

半減効果の固定化について

Q:このカードの効果によって攻撃力守備力が半分にされたモンスターが存在します。
  装備魔法等で攻撃力守備力を増減させ、更にこのカードの効果適用した場合、どのように処理をしますか?
A:半分になった攻撃力守備力装備魔法で増減させた数値を更に半分にします。
  その後装備魔法効果が適用されなくなっても、攻撃力守備力は変動しません。(08/12/10)

Q:《ダブルツールD&C》が装備されたモンスター相手フィールドに存在します。
  このカードの効果を装備モンスター適用した場合、次の相手ターン攻撃力は上昇しますか?
A:攻撃力はアップしません。(12/03/23)

Q:《BF−疾風のゲイル》の効果を受けて攻撃力1150になった《パワー・ツール・ドラゴン》が、《ヴァイロン・プリズム》を装備しました。
  《パワー・ツール・ドラゴン》攻撃時に攻撃力は1000ポイントアップしますか?
A:はい、します。(12/04/25)

Q:《ヴァイロン・プリズム》を装備している《パワー・ツール・ドラゴン》が、《BF−疾風のゲイル》の効果を受けて攻撃力1150になりました。
  《パワー・ツール・ドラゴン》攻撃時に攻撃力は1000ポイントアップしますか?
A:はい、1000アップします。(14/05/24)

Q:魔力カウンターが乗っていない《魔導戦士 ブレイカー》攻撃力守備力を半分にしました。その後、魔力カウンターが乗った場合、攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は変動しません。(09/02/06)

Q:《キメラテック・オーバー・ドラゴン》《メガロック・ドラゴン》《トラゴエディア》《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》等の攻撃力守備力を半減した場合、どうなりますか?
A:自身の効果によって適用されている攻撃力守備力の数値が半分になります。(08/12/01)

Q:墓地ライトロードが2種類存在しているとき、《ライトロード・ドラゴン グラゴニス》攻撃力2600)が《BF−疾風のゲイル》の効果により攻撃力1300になりました。
  その後、墓地ライトロードの種類が3種類になりました。攻撃力はどうなりますか?
A:《BF−疾風のゲイル》の効果を受けた時点での攻撃力で固定されます。
  よって墓地ライトロードの種類に変化があっても、攻撃力は1300から変動しません。(09/04/26)

Q:《団結の力》を装備したモンスター攻撃力守備力を半減しました。
  モンスターの数が増減したとき、攻撃力守備力も増減しますか?
A:モンスターの数が変動しても、攻撃力守備力は変動しません。(09/02/28)

Q:《D・ラジオン》にこのカードの効果適用した場合、表示形式の変更で攻撃力守備力は増減しますか?
A:表示形式が変更された場合でも、攻撃力守備力は変化しません。(09/03/24)

Q:このカードの効果攻撃力守備力が半減したモンスター《進化する人類》を装備させました。
  このとき攻撃力はどうなりますか?
A:《進化する人類》効果攻撃力は1000又は2400になります。(09/05/28)

Q:このモンスター効果攻撃力守備力が半減したモンスター《巨大化》を装備させました。
  このとき攻撃力はどうなりますか?
A:《巨大化》効果適用されます。自分ライフポイントのほうが少ない場合、攻撃力は倍になります。(11/01/10)

Q:《突進》効果を受けた《サイバー・ドラゴン》が存在します。攻撃力守備力を半減させた場合攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は2800の半分の1400となります。《突進》効果適用されなくなっても1400のままです。(08/12/01)

Q:《デモニック・モーター・Ω》攻撃力守備力を半分にしました。その後《デモニック・モーター・Ω》効果を発動する場合、攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は1000ポイント上昇します。(09/03/04)

Q:《霞の谷の雷神鬼》攻撃力守備力を半分にしました。
  その後《霞の谷の雷神鬼》モンスター効果を発動する場合、攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は500ポイント上昇します。(09/03/04)

Q:《ライトエンド・ドラゴン》攻撃力守備力を半分にしました。
  その後《ライトエンド・ドラゴン》効果を発動する場合、攻撃力守備力はどうなりますか?
A:この場合、半減した値から攻撃力守備力を500ポイントダウンさせます。(09/02/13)

Q:《シャインスパーク》攻撃力が上昇した《サイバー・ドラゴン》が存在します。
  このカードの効果適用後、改めて《シャインスパーク》発動した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:まず《サイバー・ドラゴン》攻撃力は2600になり、このモンスターが持つ効果で半分の1300になります。
  その後、改めて《シャインスパーク》発動したとき、攻撃力は1800になります。(09/03/04)

Q:《ダークゾーン》により攻撃力が上昇した《ファントム・オブ・カオス》攻撃力を半分にしました。
  その後、《ファントム・オブ・カオス》効果を発動する場合、攻撃力は変動しますか?
A:コピーしたモンスター攻撃力になります。(14/02/20)

Q:このカードの効果適用後に《スキルドレイン》発動された場合、半分になったモンスター攻撃力は元に戻りますか?
A:このカードの効果適用した後、《スキルドレイン》発動した場合でも、モンスター攻撃力守備力は半分のままとなります。(09/02/23)

Q:リリースなしで召喚した《可変機獣 ガンナードラゴン》攻撃力1400、守備力1000)がいます。
  攻撃力半減効果適用後に《スキルドレイン》発動された場合《可変機獣 ガンナードラゴン》攻撃力はどうなりますか?
A:その場合でも攻撃力は半減されたままとなり、攻撃力700・守備力500となります。(09/04/01)

Q:攻撃力守備力が3000の冥府の使者カイエントークンが存在します。
  このモンスター攻撃力守備力を半減させた後、《収縮》発動した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:このカードの効果によって半減したあと、《収縮》発動した場合、攻撃力0・守備力1500になります。(09/02/28)

Q:《機動砦 ストロング・ホールド》攻撃力が3000になる効果適用されている時に半減効果を受けた後、自分フィールド上に《レッド・ガジェット》《イエロー・ガジェット》《グリーン・ガジェット》が存在しなくなった場合、《機動砦 ストロング・ホールド》攻撃力はどうなりますか。
A:《機動砦 ストロング・ホールド》対象に半減効果発動攻撃力が1500になった後に、《グリーン・ガジェット》等がフィールド上から存在しなくなった場合でも、攻撃力は1500のままとなります。(11/09/08)

Q:《機動砦 ストロング・ホールド》攻撃力が3000になる効果適用されていない時に半減効果を受けた後、自分フィールド上に《レッド・ガジェット》《イエロー・ガジェット》《グリーン・ガジェット》が揃った場合、《機動砦 ストロング・ホールド》攻撃力はどうなりますか。
A:《機動砦 ストロング・ホールド》対象に半減効果発動した後に、《グリーン・ガジェット》等がフィールド上に揃った場合でも、攻撃力は0のままとなります。(14/02/20)

Q:《サイバネティック・マジシャン》効果自分モンスターに使い、攻撃力が2000となったモンスターが、このカードの効果を受けた場合、攻撃力はどうなりますか?
A:《サイバネティック・マジシャン》効果によって、攻撃力が2000になったモンスター対象に《BF−疾風のゲイル》の効果発動した場合、攻撃力が半分の1000になります。(09/06/11)
  また、エンドフェイズ時に《サイバネティック・マジシャン》効果適用されなくなった場合でも、攻撃力は1000のままになります。(09/06/11)

Q:《BF−疾風のゲイル》の効果攻撃力が半減されたモンスターに、《ガード・ヘッジ》効果を使用しました。
  その時の攻撃力と、《ガード・ヘッジ》効果が切れたときの攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力が4分の1になった後、エンドフェイズに半分に戻ります。(10/08/07)

《収縮》を使用した場合

Q:《収縮》効果を受けた《サイバー・ドラゴン》が存在します。攻撃力守備力を半減させた場合攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は1050の半分の525となります。《収縮》効果適用されなくなっても525のままです。(14/05/30)

Q:攻撃力守備力がこのカードの効果によって半減した《サイバー・ドラゴン》が存在します。
  このとき《収縮》効果適用した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:このとき元々の攻撃力の半分である1050となります。
  《収縮》効果適用されなくなった場合、元々の数値に戻ります。(14/05/30)

Q:攻撃力守備力がこのカードの効果によって半減した《トラゴエディア》手札5枚と仮定)が存在します。
 このとき《収縮》効果適用した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:このカードの効果を受けた《トラゴエディア》《収縮》発動した場合でも、《トラゴエディア》元々の攻撃力が0になった後、手札の枚数×600ポイントの数値となります。(11/08/13)

半減効果を特殊なモンスターに対して

Q:《邪神ドレッド・ルート》が存在する場合、攻撃力守備力を半分にする効果はどのように処理しますか?
A:《邪神ドレッド・ルート》が先に存在していた場合、このカードの効果で更に半分にします。その後で更に《邪神ドレッド・ルート》効果が適用されますので、また半分にします。
  先にこのモンスター効果適用していた場合、《邪神ドレッド・ルート》効果で更に半分にします。(11/07/29)

Q:《邪神アバター》に対して攻撃力守備力を半分にする効果発動した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:《邪神アバター》効果により、攻撃力が一番高いモンスターの攻撃力+100となります。(11/07/29)

Q:《サテライト・キャノン》攻撃力守備力を半分にしました。
  その後エンドフェイズ《サテライト・キャノン》攻撃力はどうなりますか?
A:このカードの効果で半分になった数値に1000加えた攻撃力になります。(14/07/17)

広告