BF(ブラックフェザー)毒風(どくかぜ)のシムーン》

効果モンスター
星6/闇属性/鳥獣族/攻1600/守2000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
手札からこのカード以外の「BF」モンスター1体を除外して発動できる。
デッキから「黒い旋風」1枚を自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
その後、手札のこのカードをリリースなしで召喚するか、墓地へ送る。
この効果で置いた「黒い旋風」はエンドフェイズに墓地へ送られ、
自分は1000ダメージを受ける。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編3−で登場する闇属性鳥獣族上級モンスター
 《黒い旋風》魔法&罠ゾーンに置いた後自身をリリースなしで召喚するか墓地へ送る効果を持つ。

 【BF】の戦術を支える《黒い旋風》サーチできるカード
 直後に自身を召喚できるので、それをトリガーに即座に《黒い旋風》効果発動できる。
 《黒い旋風》トリガーとするには自身の攻撃力は少々低いが、それでもメインデッキに入る下級BFは概ねサーチできるので十分だろう。
 ただし、そのままにしておくと《黒い旋風》墓地へ送られる上にダメージも受けてしまう。
 《BF−精鋭のゼピュロス》効果バウンスするなどしてデメリットを回避したいところだが、狙って揃えるのは決して容易ではないので、そのターン限りの効果として割り切る必要もあるだろう。
 発動すると闇属性しかエクストラデッキから特殊召喚できなくなるが、豊富な選択肢から特殊召喚候補に困ることはないだろう。

 (1)の召喚カードの効果によって行うものであり、通常の召喚権を消費しない(※詳細は召喚権を参照)。
 よって《黒い旋風》サーチした下級BF召喚でき、《黒い旋風》で再度のサーチも可能。
 チューナー召喚すれば、レベル7・8・10の闇属性シンクロモンスターシンクロ召喚できる。
 中でも《BF−南風のアウステル》は相性が良く、《BF−フルアーマード・ウィング》を出せる他、こちらのコスト除外した下級BF帰還させて更なる展開も狙える。

 難点は、効果が使えない状態だと手札腐る事。
 上級モンスターなので通常召喚にはリリースが必要となるが、アドバンス召喚ではバニラとなるこのカード召喚する意義はほとんどない。
 【BF】は元々手札消費が激しく、このカード手札コストを用意できない状況も多い上、反対に腐ったこのカード自身を手札コストにするなど有効利用できる手段も限られている。
 一応、《闇の誘惑》除外する筆頭にはなるので、手札事故のリスクを減らせるようにデッキのバランスはよく考えたい。

  • 「シムーン(simoun)」とは、アラビアや北アフリカの砂漠で吹く、砂が混じった激しい熱風のことである。
    その名はアラビア語で「毒」を意味する「samm」に由来する。

関連カード

収録パック等


Tag: 《BF−毒風のシムーン》 モンスター 効果モンスター 星6 闇属性 鳥獣族 攻1600 守2000 BF

広告