(ディフォーマー)・マグネン(ユー)/Morphtronic Magnen》

効果モンスター
星3/地属性/雷族/攻 800/守 800
このカードはこのカードの表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:相手フィールド上に表側表示のモンスターが存在する場合、
このカードは攻撃力が一番高いモンスターしか攻撃対象に選択できない。
●守備表示:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した地属性雷族下級モンスター
 表示形式によって攻撃時に攻撃対象を限定する永続効果と、攻撃対象を自身に向ける永続効果を得る。

 攻撃表示効果は、現在存在するディフォーマーでは珍しいデメリット効果である。
 だが、ステータスが低く守備表示効果を主に適用するこのカードで無理に攻撃していく場面は少ない。
 《バトルマニア》を使われた場合は難点となるが、攻撃前にエクシーズ素材にすれば問題はない。
 《月鏡の盾》を装備すればこのデメリットの問題はなくなり、守備表示効果とも相性はいいので併用するのもいいだろう。

 守備表示効果は、《切り込み隊長》のように他のモンスター戦闘破壊から守る事ができる。
 また、このモンスターを2体並べる事で相手攻撃を封じる事も可能。
 他のディフォーマー達の効果《地獄の暴走召喚》を用いて狙っていきたい。
 もっとも、《地獄の暴走召喚》では攻撃表示になってしまうため、別に守備表示にする手段が必要になる。
 この他にも、《D・ボードン》と並べてもロックは成立する。

  • その姿・形は「U字型磁石」になっている。
  • 《D・マグネンU》を守備表示で2体並べるコンボを、龍亞は「マグネロック」と称している。
    また、守備表示の《D・マグネンU》の磁極から、2体の間にプラズマが発生する演出がなされている。
  • 同作において龍亞と龍可が初登場したシーンでも、テーブルにこのカード守備表示で2体並べられていることが確認できる。
  • 現在は修正済みだがアニメ5D's公式サイトのデュエルワンポイントレッスンにおいて、雷族であるにも関わらず《酸の嵐》破壊されていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのアクションデュエルX、スピードデュエルにおいては龍亞が使用する。
    前者は雷族なのにも関わらず「リミッターかいじょ」が2つ搭載されている。
    後者はデッキ10枚の都合上、効果を発揮させるのが難しい。

関連カード

―《D・マグネンU》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:他のモンスター攻撃対象にされた時、何らかの効果を用いてこのカード攻撃表示から守備表示に変更しました。
  攻撃はどうなりますか?
A:既に攻撃対象の選択が終わっているので、戦闘は続行されます。(08/08/11)


Tag: 《D・マグネンU》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 雷族 攻800 守800 ディフォーマー

広告