D−HERO(デステニーヒーロー) ダークエンジェル/Destiny HERO - Dark Angel》

効果モンスター
星1/闇属性/戦士族/攻   0/守   0
(1):自分の墓地の「D−HERO」モンスターが3体以上の場合、
このカードを手札から捨て、
自分の墓地の「D−HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分が発動した魔法カードの効果は無効化され破壊される。
(3):自分スタンバイフェイズに自分の墓地から
このカードと「D−HERO」モンスター1体を除外して発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから
通常魔法カード1枚を選んでデッキの一番上に置く。

 ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−で登場した闇属性戦士族下級モンスター
 自身を手札コスト相手フィールドD−HERO蘇生する起動効果自分発動した魔法カード効果無効にして破壊する永続効果自分スタンバイフェイズに自身とD−HERO墓地コストお互い通常魔法デッキトップ置く誘発効果を持つ。

 (1)の効果手札から捨てることで、墓地D−HERO相手フィールド蘇生する効果
 相手アドバンテージを与えてしまうが、捨てた後で対象を選択する流れとなるので、捨てたこのカード自身を相手送りつけ、(2)のデメリット相手に押し付けられる。
 その他にも、戦闘破壊等を目的とした送りつけコンボにも利用できるだろう。

 (2)の効果は、実質魔法カード発動を封じるデメリット
 基本的に(1)で送りつける前提であり、自分フィールドに展開する意味はない。
 相手魔法カード発動チェーンした《ギブ&テイク》相手フィールド特殊召喚しても良いだろう。

 魔法カード扱いとなるペンデュラムモンスター発動妨害も狙えるが、既に発動済みの魔法カードには干渉できない。
 《解放のアリアドネ》等を併用するなら自分フィールドに展開する意味も生まれるが、逆に相手がこれらを採用していた場合は利用されてしまう。
 また、エクシーズ素材には使いづらいものの、相手アドバンス召喚シンクロ召喚を用いる場合は簡単に処理されてしまう。

 (3)の効果は、墓地のこのカードと別のD−HEROの2枚をコストに、お互い通常魔法デッキトップサーチする効果
 《デステニー・ドロー》等で即座に手札に呼び込むのはもちろん、《D−HERO ダイヤモンドガイ》で確実に狙いのカード適用できる。
 D−HEROに関するもの以外では《RUM−七皇の剣》等とも相性が良いが、通常のドローを待つ場合、相手が先にサーチした通常魔法を引けるため、攻められる恐れがある。

  • OCGイラストはアニメのものから大きく描き直され、ポーズなどが変わっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《D−HERO ダークエンジェル》 モンスター 効果モンスター 星1 闇属性 戦士族 攻0 守0 HERO D−HERO

広告