D−HERO(デステニーヒーロー) ディシジョンガイ/Destiny HERO - Decider》

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1600/守1000
「D−HERO ディシジョンガイ」の(1)(3)の効果はそれぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、自分の墓地の「HERO」モンスター1体を選んで手札に加える。
(2):レベル6以上の相手モンスターはこのカードを攻撃対象に選択できない。
(3):このカードが墓地に存在し、自分にダメージを与える魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動する。
このカードを手札に戻し、その効果で自分が受けるダメージを0にする。

 ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−で登場した闇属性戦士族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合に発動でき、そのターンエンドフェイズHEROサルベージする誘発効果レベル6以上からは攻撃対象にされない永続効果自分効果ダメージを与える効果の発動時にその効果ダメージを0にして自身をサルベージする誘発即時効果を持つ。

 (1)の効果HEROサルベージする効果
 発動タイミングがエンドフェイズと遅いものの、フィールドに維持する必要はないため、エクシーズ素材リリース要員に使っても問題はない。
 範囲もHERO全般と広いため、【D−HERO】だけでなく【E・HERO】でも採用を検討できる。
 《E・HERO オネスティ・ネオス》サルベージすれば攻撃される恐れも減らせる。

 (2)の効果レベル6以上からの攻撃を防ぐ効果
 しかし、自身のステータスはさほど高くないため、レベル5以下やエクシーズモンスターにあっさり突破されてしまうため、としてはあまり期待できない。
 蘇生などで追撃を防げることもあるため、基本的にオマケと考えてよいか。

 (3)の効果効果ダメージの回避と自己サルベージ効果
 効果ダメージメタにはなるが、奇襲性は低い。
 一応、ダメージステップでも発動可能であるが、自分で使うにしても、D−HEROでは自身に効果ダメージを発生するものが《D−HERO ダイナマイトガイ》しかない。
 《Emトリック・クラウン》などを利用して回収を狙うこともできるが、1度しか使えない点が痛く、D−HEROに属している点を活かしたい。

 レベル闇属性戦士族HEROと恵まれた要素を持っており、多くのサポートカードに対応している。
 反面、3つの効果の内2つがデュエル中に1度しか使えないため、効果の使い所の見極めが重要になる。
 無理に全ての効果を発揮させようとせず、どれか1つ全うさせれば良いと割り切る事も必要だろう。

  • エドの融合召喚時の口上では「勝利の宿命を決意し英雄」と称されている。

関連カード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:自分の《D−HERO ディシジョンガイ》が召喚・特殊召喚に成功した際に、(1)のモンスター効果発動しました。
  その発動チェーンして相手《激流葬》発動し、その《D−HERO ディシジョンガイ》が破壊され墓地へ送られている場合、エンドフェイズの処理はどうなりますか?
A:質問の状況の場合でも、召喚・特殊召喚に成功した際に発動した《D−HERO ディシジョンガイ》のモンスター効果の処理は適用されますので、効果発動した《D−HERO ディシジョンガイ》がフィールドを離れている場合でも、エンドフェイズに『自分墓地HEROモンスター1体を選んで手札加える』処理は通常通り行われる事になります。(16/08/05)


Tag: 《D−HERO ディシジョンガイ》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 戦士族 攻1600 守1000 HERO D−HERO

広告