D−HERO(デステニーヒーロー) ディフェンドガイ/Destiny HERO - Defender》

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻 100/守2700
相手のスタンバイフェイズ時、
このカードがフィールド上に表側守備表示で存在する場合、
相手はデッキからカードを1枚ドローする。

 POWER OF THE DUELISTで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 D−HEROの一体であり、通常召喚可能な下級モンスター最高の守備力相手ドローさせる誘発効果を持つ。

 高い守備力を持つ為、大きな反射ダメージが期待できる。
 戦闘破壊耐性はないので攻撃力の高いモンスターには突破されるが、貫通ダメージ等による被害も少ない。

 大抵の上級モンスター攻撃を反射でき、セットすれば最初の攻撃破壊される事は少ない。
 ただし、攻撃力が殆ど皆無である上に表側守備表示だと痛いデメリットが発生するため、次の自分ターンフィールドから離すことを半ば強要される。
 幸い、レベル属性種族の関係で各種リリースエクシーズ素材には使いやすい。
 相手に存在がバレてしまった後はとしてもそう長くは保たないので、他のモンスターに繋げてしまってもそこまで痛いものではないだろう。
 下級モンスターである事や効果の都合上、相手攻撃が通らなかったとしてもそのターン内でわざわざ除去しに来ないことも多く、返しの自分ターンまで生き残りやすい。

 ドローさせないために攻撃表示で残し、攻撃宣言時に罠カードを使う手や、《反転世界》等で攻撃力守備力を入れ替えるのも有効。
 《最強の盾》があれば攻撃力2800のアタッカーとなり、守備表示になる必要がないのでデメリットも無視できる。
 《電動刃虫》共々《便乗》《グリード》と併用するのも面白い。
 特殊召喚手段は豊富なため、《地獄の暴走召喚》からのコンボを狙っても良い。
 自分スタンバイフェイズ《ギブ&テイク》相手フィールド特殊召喚してドローし、表示形式を変更してダメージを与えるといったことも可能。
 《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》と併用してドロー効果発動させないという手もある。

 【D−HERO】では存在を読まれがちになるのが難点だが、《デステニー・シグナル》リクルートすれば後続の攻撃を防ぎ易い。
 《マシュマロン》等の戦闘破壊されないモンスターが使えない【スキルドレイン】でもとして機能する。
 反射ダメージを見込みやすいので、《クロスカウンター》《追い剥ぎゴブリン》を併用するのも良いが、攻撃力2700を超えるのは昨今それほど難しくないので過信は禁物。

  • 意外だが、2700の守備力を持っているのはこのカードが初であり、現在でも片手で数えるほどしかいない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《光と闇の竜》適用中にドロー効果発動した場合、どうなりますか?
A:《光と闇の竜》攻撃力守備力が下がらなくなるまで繰り返し発動し、最終的には相手ドローする事になります。(09/08/07)

Q:効果解決時のこのカードフィールド上に表側守備表示で存在しなくなった場合、ドローさせる効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(11/01/10)


Tag: 《D−HERO ディフェンドガイ》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 戦士族 攻100 守2700 HERO D−HERO

広告