D−HERO(デステニーヒーロー) デッドリーガイ》

融合・効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2000/守2600
「D−HERO」モンスター+闇属性の効果モンスター
「D−HERO デッドリーガイ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
手札・デッキから「D−HERO」モンスター1体を墓地へ送り、
自分フィールドの全ての「D−HERO」モンスターの攻撃力はターン終了時まで、
自分の墓地の「D−HERO」モンスターの数×200アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 20th ライバル・コレクションで登場した闇属性戦士族融合モンスター
 D−HERO墓地へ送ってD−HERO全体強化する誘発即時効果を持つ。

 融合素材縛りが緩く、闇属性には《終末の騎士》《ゾンビキャリア》《E・HERO シャドー・ミスト》【D−HERO】と相性の良いモンスターが多いため、容易に融合召喚できる。
 D−HERO自体闇属性で統一されているカテゴリのため、適当なD−HERO2体でも融合召喚できるが、その場合《D−HERO ディストピアガイ》《V・HERO アドレイション》《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》等と使い分けていく事となる。
 なお、闇属性効果モンスターに限定されているので、《超融合》を使う際には忘れないように注意したい。

 モンスター効果は、墓地を肥やしつつ行う、墓地D−HEROの数を参照する全体強化
 1枚あたりの上昇値は決して高いとは言えないが、打点が全体的に低い【D−HERO】にとって全体強化は心強いだろう。
 融合素材手札コストも合わせれば、単体でも400〜800の強化が見込める。
 同時に並べるのは困難だが、《D−HERO ディストピアガイ》効果トリガーとしても有効で、攻撃後に発動したり両者共誘発即時効果なのを利用して相手ターンで牽制したりと利便性が高いため、多少無理してでも揃える価値はある。

 単純に墓地を肥やす手段としてみても有用であり、攻撃力の低さのフォローと合わせてD−HEROにとっては大きなサポートとなる。
 《D−HERO ディアボリックガイ》《D−HERO ダッシュガイ》等、墓地に置くことで効果を発揮するものは複数存在する。
 《D−HERO ドゥームガイ》《オーバー・デステニー》や、《幽獄の時計塔》《D−HERO ドレッドガイ》の対象確保等、墓地を肥やす重要度は高い。
 また、《D−HERO ディアボリックガイ》墓地へ送れば、そのままランク6のエクシーズ召喚も可能となる。

 難点は、ただでさえ消費の激しい融合召喚に加えて手札コストが必要という点。
 この点は《D−HERO ディバインガイ》でカバーしておきたい所。
 また、【D−HERO】自体が現時点ではそれほど融合召喚に長けたデッキではないため、構築バランスの問題も非常に大きい。
 《ミラクル・フュージョン》のような墓地融合手札消費を抑える手段もない。
 墓地を利用する各種カードへの下準備としての役割が大きいため、中盤以降よりも序盤に出したいモンスターであり、素早く出す工夫が求められる。

 D−HEROは全て闇属性なので、墓地を肥やすための手段としては《終末の騎士》《ダーク・グレファー》が活用できる。
 それらと比べた場合、継続的に使え、D−HEROサポートに対応するのが利点だが、出すまでの手間が難点となる。
 併用により安定して多くの墓地アドバンテージを稼ぎに行く手もあるが、これらは《D−フュージョン》に対応しない。

 総じて、融合召喚手札コストさえカバーできれば、様々な動きの起点と弱点のフォローがこなせるカードとなりえる。
 しかし、その融合召喚手札確保がD−HEROのプール内では得意とは言えず、安定した運用には不安が残るのが現状である。

  • 「デッドリー(Deadly)」とは「致命的な」「死人のような」「地獄に落ちるような」と言う意味である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《D−HERO デッドリーガイ》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星6 闇属性 戦士族 攻2000 守2600 HERO D−HERO

広告